たとえば 今日はこんな一日

個人的な戯言を、いい加減に適当に、空気も読まずに思うがままに、したためようかと思います
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
categories.
archives.
「地球の名言」


presented by 地球の名言
bookmark.
about.
recommend.
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
MOBILE
qrcode
other.


<< 長月 一日 : main : 長月 七日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
長月 三日
九月に入り、随分と朝夕が涼しくなりました。 まだまだ日差しは強いですが、風が涼しい分、助かってます。

伯母様ご夫婦が帰られ、すっかり静かになりました・・・。 一週間、いろいろとしていただいたので、感謝の気持ちでいっぱいです。
次は来月、曾祖母の回忌法要のために来られるようで、次は叔父も来られるみたいなので、また賑やかになりそうです。
滞在の間、私は相変わらず仕事に、私事にと一生懸命でしたからね・・・。 手伝いもしましたけど、割と自由にしてました。
距離の取り方が少しわかったようで、適度に関わりつつ、適度に交わしつつ、良い関係を保てた事が嬉しかったです。
お互い、キレイに見える位置にいるって事を教えてもらった感じでしたね・・・。 お互いに、良い時間を過ごせて良かったですv

仕事は、相変わらずです。 接客業と言う名の人間観察をしながら、少しでも売り上げが伸びればなと思う毎日です。 本当に、いろんな人がいます・・・。
夏休みが終わり、お客の流れも幾分か穏やかになり、仕事も少し、余裕を持てるようになった感じです。
週ごとに、接客と調理を代わっているので、徐々にどちらにも対応できるようになってきた気がします。
9月いっぱいはまだ暑いと思うので、アイスコーヒーは売り出すでしょうけど、頻度は減るでしょうから、そういう加減も考えないといけないので、頭は使います・・・。
いろんな条件があっての売り上げなので、気負うことなく、それでも真剣に、お仕事していけたらと思います。

三国恋戦記ですが、子龍くんを攻略しました! 徐々に、力の抜き方と言うか、スキップの仕方が分かってきたので、割とスムーズに攻略出来た気がします。
出は、ネタバレ込みの感想を書いていきますので、読みたい方のみどうぞ!



真面目なのは良いんですけど、真面目すぎて、玄徳さんとは違った意味で頑固、でも、とても素直で天然な個だったと思います。
正直、ちょっと行き過ぎてるなって思いましたね・・・。 いや、良い子だとは思いましたけどね・・・。 過去での姿には、正直、頑固過ぎるとさえ思いました・・・。
出会った時も、とにかくお仕事に忠実で、何よりも玄徳さんの命が第一で。 お仕事人間だなって、思いました。
二言目にはお仕事、冗談やからかいが通じない、ある意味、最強の人だと思いましたv
初期の頃は、相談に行っても取りつく島もないっていうか、会話が成立してない気がして、本当に、融通がきかないって怖いなって思いましたもん・・・。
加えて、玄徳さんしか見ていない、狭い世界で生きてた人だがら世の中を知らない、それがもう、何と言うかね・・・。
まあ、成長させていく楽しみはあると思いますけど、そりゃあ軍のお偉いさんの、格好の遊び相手になりますって・・・。
基本、玄徳さんにはそういった話は出来ないだろうし、雲長さんも乗りにくいと思うし、翼徳さんに至っては、お酒が入れば話せないだろうし。
となると、そう言ったお話の持ってき場って、子龍君しかいないんじゃないかって結論に至ったわけで・・・。
まあ、彼が理解してるかはさておいて、お偉いさんにしてみれば、教えてやってる感は満たされる気がしますけど・・・。
花ちゃんに関わっていくうちに、彼も徐々に変わっていきましたけど、過去での揉め事は、二人にとって、本当に運命の分かれ道だった気がします。
何を優先するのか、何を大事と思うのか、お互いに意志の方向性が違ってても、結局何とかなったのは、花ちゃんの、軍師としての才があったからだと思います。
説得するにしても、何が大事なのかを考え、最良の方法を考えたからこそ、子龍くんも頷いてくれたと思うし、その後の花ちゃんの成長にも繋がって気がします。
この二人は、映し鏡みたいな感じでした。 思ってる事は一緒なのに、お互いに気付かないって言うのが切なかったです。
子龍くんにしてみれば、きっと初めて感じた事に戸惑ってたと思うし、任務と言う言葉以外で、どう言葉にしていいのか、分からなかったと思いますし。
お互いが思ってる事を、お互いが鏡のように跳ね返してる気がしましたね・・・。 身をもって、教えてるって言うのかな・・・。
だからこそ、分かれば話が早かったと思います。 形は違えど、同じ思いを持ってるわけですしね・・・。
個人的には、子龍くんの女装姿、メチャメチャ気になりましたけどね! 見れないかなぁ、進んで行ったら他のルートで見れるのかなぁ・・・。
花ちゃんにさせるくらいならって、自らそれに扮する勇気に乾杯です! ある意味で、子龍くんは、自分を良く知ってると思います。
徐々に近づく二人にとって、最大の試練と言うか、一番、その成長の後押しをしたのは、私、絶対に師匠だと思うんです!
何と言うか、あの絡み方と言うか花ちゃんへの接し方って、絶対に子龍くんへの当てつけって思いますもん! 大人げないですよ、師匠・・・。
まあ、ひねくれた人だとは思ってましたけど、子龍くんを試すような接し方も、とてもひねくれてて、見てるこっちは楽しかったですv
ずるさと知ってる師匠と、それを真正面からしか受け取れない子龍くんと、二人の掛け合い、何気に好きですv
子龍くんの場合、エンディングでね、泣かされました! あれは、あの演出は卑怯ですって!! 間違いそうになりましたもん!!
そして最後、一足飛びしていきなりのプロポーズ。 しかも早々に家族の事まで考えてるし!
あんなに真剣に求婚されたら、世界が違うとか、そういう事も吹き飛ぶと思います。 子龍くんの思いが、花ちゃんをとどまらせたんでしょうね・・・。
スペシャルで、子龍くんの声が若干変わってる感じもしましたけど、青年から大人へ成長してる印みたいな気がして、ちょっと嬉しかったですv
そして、スペシャルでも師匠がいろいろとちょっかいかけてくれましたね! そして、それをちゃんと受け止め、言いたい事をきっちり言った子龍くんがカッコ良かった!
この二人の攻防は、多分ずっと続く気がします。 何と言っても師匠ですからv 首飾りの事も、玉の事も、いずれ、きっちり突っ込まれると思いますv
追加シーンでも子龍くんと師匠の会話、本当に良かったです! 本当に、師匠は不器用で可愛いですv
この回でも、玄徳さん、大活躍でしたねv ガチガチに固まってた子龍くんの考えを解してあげるところとか、良いなって、思いました。

バットエンドも、何と言うか、まあ、子龍くんらしい別れ方でしたね・・・。 思いを胸に秘め、送りだすところが泣けました・・・。
もう一つの道も、結局、戻れた事に変わりはなくても根本的な何かが違うわけだから、戻れたとは言えないわけで・・・。 後味の悪さが印象的でした・・・。

闘いながらではありましたけど、ようやく素直に、自分の気持ちを話してくれて、それが、本当に嬉しかったですv
子龍くんの言葉で花ちゃんも成長して、花ちゃんの存在で子龍くんが成長していく、良い、カップルだと思います。
まあ、師匠もヤキモキしてましたし、祝言は遠くない未来の事だと思いますv 幸せになって、欲しいですv



さてこれで、一応、玄徳軍をクリアしたのですが、次に北に向かうか東に向かうかで、迷っています・・・。
物語の筋道が変わるのでね、次をどこにしようか、真剣に考えて進めて行きたいです・・・。 意中の人までは、まだまだ長いなぁ・・・。

まだしばらくは、暑い日が続きそうなので、体調管理委は気をつけたいと思います。 これからが、疲れが出やすい時期になるでしょうからね・・・。

まあ、いろいろと思うところもありますけど、私は私なりに、ゆっくりと自分の道を、歩いていけたらと思います。
: 想い語り : 23:15 : - :
スポンサーサイト
: - : 23:15 : - :