たとえば 今日はこんな一日

個人的な戯言を、いい加減に適当に、空気も読まずに思うがままに、したためようかと思います
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
categories.
archives.
「地球の名言」


presented by 地球の名言
bookmark.
about.
recommend.
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
MOBILE
qrcode
other.


<< 見えるモノだけ信じちゃダメだよ 見えないモノも見なきゃダメだよ 聞こえる事だけ信じるよりも、聞こえない事と聞いてかなきゃ : main : 瞳に強く焼き付けた 想い出、記憶、いくつほど 持っていけるのだろう 見えぬ、この先へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
キミを見つけ出した時の感情が 今も骨の髄まで動かしてんだ この五臓の六腑を動かしてんだ あの日僕らを染め上げた群青が 今もこの皮膚の下を覆ってんだ
かなり、ご無沙汰です・・・。 まあ相変わらず、七転八倒しまくってますけど、とりあえず元気です。

相変わらず、仕事をこなし、家事にそこそこ手を出して、それなりに私事に追われ、睡魔に負ける日々を送ってます。

先週、妹が帰ってきて、久々に話をしましたけど、まあ、合う所は合うし、合わない所は合わないよなぁと、しみじみ感じました・・・。
身内だから容赦がないっていうか・・・。 いやぁ、久々に凹みました。 相手にそういう自覚がないだけに、立ち直るまでに丸一日かかりました。
ここ最近ようやく、”あれこれ考えた所で、その時にならなきゃわからんだろう?”と、少しばかり思えるようになった私ですが、
妹にしてみれば、私のそういう考えが頼りないと映ったらしく、まあ、いろいろと言われました。
人は誰しも、責任ゼロの権利を望むものですけど、妹の言葉から、私がその責務を一身に負う覚悟はあるのかと、言われた気がしたんです。
妹曰く、”何かあっても、自分も含めて、周囲に丸投げする事だけは止めてくれ”と言われたんです。
要は、何かあった場合、本家にいる人間として、私が先頭に立って周りを仕切って、何とかしろと言ってるように思えたんです。
妹の真意は分かりませんが、とにかく、先の事を心配してたんですよね。 母を支えてくれと、まあ、念を押されるように言ってました。
一方で、私の幸せを望んでいるとは言ってましたけど、私にしてみれば、まあ、素直に頷けるものではなかったです。

結婚の事も言われましたけど、そういった事を言われた後、ゴタゴタの種の増やさないためにも、私は独身の方が良いんじゃないかと本気で思いました・・・。
私があまり、そういった事に話を持っていかないのは、無意識にそういうことを警戒してるせいなのかもしれません。
嫁に行くと言えば、妹の顔色が変わってましたからね。 このご時世、よっぽど財力のある家でもない限り、婿になんて来る人、いないと思いますけどね・・・。

自分の意見を言っては渋い顔をされ、妹の考えを聞いて凹み、早々に退場して休みましたけど、案の定、寝付きは最悪でした・・・。
次の日、妹は帰って行きましたけど、ダメージの回復に集中するために、自室で見送るだけにとどまりました。 
耐え切れなくなって、先月お世話になった方に縋ったんですけど、助言と注意をもらいました。
絶望があれば救いがあって、だから人は壁にぶち当たっても立ち直って行ける事を、学ばせてもらった気がします。
通じないからと心に壁を作るんじゃなくて、母の立場や妹の立場を思う冷静さを持つ事も大事なんだと教えてもらいました。
まあ、感情的に簡単にできる事じゃないですけど、とにかく勘ぐったりして、思いだけを先走りさせないように、気をつけたいなと思いました。
言葉を鵜呑みにする事も、また大事なんだと思いました。 言われる前から想定して落ち込むより、言われた後に考えればいいと、教えてもらって良かったです。

恩師の先生にも相談して、発破をかけてもらったと言うか、改めて、自分が守られている事を教えてもらった気がしました。

母とはそれなりの距離を保ちつつ、自分が信じる道を進んでるつもりです。 妹とは、ちょっと冷却期間を置いて、また話せたらと思います。 まあ、しばらくは無理、かな・・・。

バタバタと終わった妹の帰省ですけど、明日からはまた親戚さん方が来られるので、戦いは続きます・・・。
明日は伯母夫婦が、来週初めには従兄一家が、来週末には叔父親子が訪問予定というとんでもないスケジュールです・・・。
迎える側として、母がいろいろとがんばってましたけど、家長たる祖父の意見が、ちょっと火種になりつつあり、前途は多難ですね・・・。
それぞれの世代にそれぞれの考え方があっての事なんですけど、納得できない部分もあるみたいですし・・・。
加えて、祖父母が良かれと思ってる事が、母や私からしてみれば重荷になってる所もあるので、気持ちは決して軽くはないです・・・。
放っておいて、欲しいんですけどね・・・。 家族団欒で来られるわけだし、いたって邪魔になるし、気疲れするだけなんですけどね・・・。
幸い、私は親戚さん方が滞在中は、ほとんど仕事で家にいないですし・・・。 それでも、気はそれなりに重たいです・・・。

そういった事からの現実逃避か、ここ最近は少しずつ原稿に向かってます。 修行の旅は、とりあえず順調かな・・・。
来月にはイベントに合わせて、いろんな新刊が発売されるので、ストレス発散と勉強を兼ねていろいろと買い込みたいですv
ファンとして、純粋に楽しみにしてる作品もあるので、それらに影響されながら、力を蓄えていきたいと思ってます。
修行中にもかかわらず、新しい話の原案が浮かんでて、修行とは別に頭の中で化学反応を起こしてます・・・。
それはそれとして楽しみながら、今は修行に対してどうしようか、欲を出すべきか出さざるべきか、少し迷ってますね・・・。
まあ、あらかじめ形を決めていても、たいてい脱線するのが私にとってのお約束なので、そういう家庭も楽しみながら、納得のいく話を書いていきたいです。

まだまだのた打ち回る事はてんこ盛りのようですけど、楽しみを自分の中に見つけながら、周りの方々の助けを借りながら、ゆっくりでも歩いていきたいと思います。
: 独り言 : 23:56 : - :
スポンサーサイト
: - : 23:56 : - :