たとえば 今日はこんな一日

個人的な戯言を、いい加減に適当に、空気も読まずに思うがままに、したためようかと思います
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
categories.
archives.
「地球の名言」


presented by 地球の名言
bookmark.
about.
recommend.
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
MOBILE
qrcode
other.


<< 想像を超える現実は少年を大きくさせる どんなに痛みも共に連れて歩いていける 少年が描く理想は、月のように形を変えていくけど ずっと空にはあるのだから : main : 見えるモノだけ信じちゃダメだよ 見えないモノも見なきゃダメだよ 聞こえる事だけ信じるよりも、聞こえない事と聞いてかなきゃ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
あなたが今、優しく微笑んで 私にくれた言葉、涙が出ました その温もり、そっと触れた瞬間、終わらない愛を、願いました
一重の桜が終わり、八重が咲き乱れる今日この頃です。 
昨日の大風で、一重はすっかり散ってしまったようですが、八重はまだ、がんばってくれてるみたいです。

ここ最近、相変わらず睡魔に負けてるせいか、ここも久々ですね・・・。 睡魔と仕事の疲れの相乗効果が恐ろしいです・・・。

仕事に関しても、やっぱりいろいろとあります。 駆け引きと言うか何と言うか、いろんな思惑を目にしてます。
一番年下なので、探りを入れられる事も少なくなく、だからと言って全ての情報に精通しているわけではないので、とにかくその場限りの適当発言をかましてます。
この数カ月で学んだ事は、「知らぬ・存ぜぬ、すっとぼける」と言う事の大事さです。 これで、今は自分の身を守ってます。
実際のところ、知らない事の方が多いですからね・・・。 ただ、知らない事は武器になるなと、しみじみ思う今日この頃です。

仕事も仕事で大変ですが、家の事は家の事でひっちゃかめっちゃか状態です・・・。 ここ数日、母と喧嘩してます・・・。
毎回の事ですけど、親子であっても他人なんだなと、本当に思います。 仕方ない事だと思いますけどね・・・。
母の言い分は、自分にとっては「感情論」な部分が多いんですよね。 自分の感情で物を言ってるから、説得力に欠けると言うか。
私にとっていい悪いじゃなくて、母の感情でものを言われるから、納得できないし、受け入れられないと言いますか・・・。
私には私の考えがあるし、信じてるものもあります。 ただ、それが母の目から見ると、訝しげに映る事が多いようです・・・。
こればかりは、育った環境のなせる技だと思いますし、そういった事は人それぞれ、自由だと思うんですけど、母は母の基準を私に押し付けたいようです・・・。
流石にそれは我慢できないので、徹底抗戦の構えで、自分の好きにしてます。 これは自分の問題だし、自分の価値観ですからね。
少なくとも、理解のある方に相談すれば、自分がしている事は間違ってないと確信できる事なので、やめる気なんぞ、毛頭ないですし。

先日も、外出先でちょっと衝突があったんですけど、結局のところ、母は祖父母のヘルパーなんだなと実感しました。
娘を守る気は、二の次三の次だと思いました。 これが、自分が育てた妹なら割合は変わるんですけど、育ててない私ならそうだろうと、納得してますけどね・・・。
状況的に無理だったと知ってますけど、育てられてもいないのに、一方的に母の考えを押し付けられても困ります。
少なくとも、母が敬遠するものを身近なものとして、私は育ったし、そう教育されましたから。

来週あたり、妹が帰ってくるみたいですけど、しっかり慰められて欲しいものです。 そういった所は、妹の方が近いでしょうからね・・・。
今更ながらに、なぜ父が恩師の先生に私を託し、そして私に全てを託したのかが、よく分かります・・・。 
と言うか、何故母の手で育てられなかったのかさえ、何となくわかる気がします・・・。 見方を変えれば、守られてたのかなと、思ったりしてます・・・。

今月末には、また親戚関係の接待がありますけど、正直、関わりたくはないですね・・・。 やるなら、当の本人同士でしてくれといった感じです・・・。
仕事が休みなら、労働力として駆り出されそうですけど、こちとら仕事疲れを癒す事を目的に休みをもらってるんですからね・・・。
予定を伏せて、部屋に籠りたいです・・・。 何で貴重な休みを、納得できない事のために避けなきゃならんのだと思います・・・。
おそらく、同じ思いを父は感じてたんだろうと思うと、自分の事くらい、自分の好きにさせてもらいたいと、切実に思いますね・・・。

基本、私は自分と言うものを認めてもらう代価のような感じで、家事手伝いをする節がありますからね。
そこを否定ないし無視しておきながら、手伝えと言うのは、私にとっては割に合わない事なので。
本家に住んでるんだから、お客を迎えるのは当たり前とか思われてるみたいですけど、好きで選んだわけじゃないのに、冗談じゃないといった感じです・・・。
こっちの言い分も聞かず、一方的に考えを押し付けられるなんぞ、不公平にもほどがあります。 父が生前言っていた事が、今ならよく分かります。
人は、自分が一番正しいと思って、自分の意見を押し付けるものですからね・・・。 正義なんて、個人の見方のなせる技で、それこそ千差万別だと思いますし。

なんか、父が傍にいる気がしますね・・・。 言ってる事って、生前父が漏らしていた事に酷似してますし。

いろいろとストレスが溜まってますけど、うまく発散しつつ、乗り切っていけたらと思います。

そのストレスのおかげか、ようやく、原稿を一つ、上げる事が出来ました!! いやぁ、今回も難産でした!
書きたい形があっても、なかなか思う形にならず、四苦八苦しましたけど、何とかちゃんと形になってくれて、ホッとしてますv
一応、今書いているシリーズは、次回で終わろうと思ってますが、番外編で書くのもありかなと思ったりもしてます。
これからは、あたためているパラレル設定で書いてみたかったりするので、まあ追々、適当に進めていくつもりですv

しばらくの間、修行の旅に出るので、更新は遅くなりますが、遊びに来ていただければ幸いです。

まあ、いろいろと大変な状況にありますけど、日々、平穏無事に過ごせる事に感謝しつつ、適当に流れていけたらと、そう思います。
: 独り言 : 23:34 : - :
スポンサーサイト
: - : 23:34 : - :