たとえば 今日はこんな一日

個人的な戯言を、いい加減に適当に、空気も読まずに思うがままに、したためようかと思います
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
categories.
archives.
「地球の名言」


presented by 地球の名言
bookmark.
about.
recommend.
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
MOBILE
qrcode
other.


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
数え切れぬ命と時を 越えて 出会ったのだから 泡沫の夢さえ信じていよう 泡沫の夢さえ 今は見よう
 
帰ってきました・・・。 いやぁ、濃ゆい4日間でした・・・。 あまりの濃ゆさに、まだ、荷物を解けてません・・・。 
いい加減、明日には解いてしまいたいです・・・。 片付けないと、終わりませんからね・・・。

さて。 では、思い出して、ポツリポツリと書いていこうと思います。



9日。
朝から、買い出しと掃除に忙しかったです・・・。 爪やすりもようやく届き、取りに行けたんですけど、今度は爪のケア剤がなくて・・・。
注文しつつ、他のお店で買いもし、夕方まで、いつものように過ごしてました。 夜行バスの時間が早かったので、夕飯は母上担当でした。
お風呂を済ませて、残り物でお腹を満たして、準備を整えて、母上に送ってもらいました。 相変わらずの荷物の多さに、家族は全員、呆れてました・・・。
予定していたローヒールも、管理が甘くて履いていくにはどうかと母に止められ、大阪に履いていったハイヒールに変える事になりました・・・。
夜行バスに乗って、東京まで約18時間、寝る以外で何をしようと思って、一念発起して、二世ドラマを聞く事に。
いやぁ、顔がニヤけて仕方なかったです! 内容的には面白かったし、聞き答えもあったし、演技も素晴らしいし、いう事なんて何もなかったんですけど。
だからこそ、恐れていた事が、現実化してしまいました・・・。 特に、甲斐方面の話は、見えない部分が見えて嬉しかったです。
そして、某方面で話題沸騰だった例のアレを聞いて、笑いというか、ニヤけを止めるのに苦労しました・・・。
日が暮れて、堂々とマスクが出来るまでの間、真ん中の、頭から二番目の席で、人目を偲ぶのに、少々難儀しました・・・。
更に、早い時間に乗った事で、小腹が空き始めてしまい、生憎そういった物の用意もなく、マジ酔いしたらどうしようと、不安になりました・・・。
実際、体調的に、なんか酔いそうな感じもあったので、リフレッシュ休憩地点に着いた時は、本当に嬉しかったです!
軽食を買って、バスの中で食べて、ようやく眠れました。 とにもかくにも、酔わなくて、本当に良かったです!

10日
寝覚めは、良かったです。 リフレッシュ休憩地点で身体を伸ばして、再びバスに乗り込み、一路、東京を目指しました。
その間にも、可能な限り、ドラマを聞いたりして、テンションをあげてましたけど、今回の状況は、思えばここから躓いてました・・・。
渋滞に、軽く巻き込まれてしまったんです・・・。 土曜日でしたからねぇ・・・。 それでも、まだ焦りはなかったんです。
焦ったのは、駅についてからでした。 軽い忘れものに気付いてちょっとまごまごしちゃって、尚且つ初めての路線と目的地にテンぱってしまいで・・・。
お上りさん丸出しで、駅員さんに聞いて、ギリギリ時間に間に合いそうでしたけど、念のため、講師の先生に連絡をして、大急ぎで向かいました。
移動中に、携帯から会場の情報を仕入れていたので、開始一分前に到着できりましたけど、本当に焦りました・・・。
何とか無事について、さっそく講義を受けました。 私ともう一人の受講生の方と、先生と先輩方3人のアットホームな講義でした。
みんな良い方ばかりで、分からない事にも丁寧に答えていただき、そういった以外でも学ぶ事が多かったです。
考え方もそうですけど、何より、人との接し方の一つの方法を、特に深く、学ばせてもらったような気がします。
いろんな話をさせてもらい、聞かせてもらい、あっという間に一日が終わりました。 詰め込み過ぎて、終わった後、頭が若干、朦朧としてました・・・。
そのせいか、降りる駅を間違えてしまいそうになるは、泊まるホテルへの道を迷うは、その後は散々でした・・・。
慣れない土地で、慣れない靴で歩き回って、ようやくチェックイン出来て、部屋に入った時は、もう、ベットにダイブしました・・・。
でも、講義中に話を脱線させる事が多かった私は、その時出された課題も済んでなくて、それをしつつ夕飯を食べる事に。
更に、翌日提出の課題もあって、夕飯後も机にかじり付き、コンビニ行ったり入浴したりと気分転換しながら、何とか2時に課題を終わらせました・・・。
大変でしたけど、自分の中の容量を知る事が出来たのは、本当に勉強になりました。 自分の限界を知る事が必要だったと、翌日分かった事が、嬉しかったです。

11日
携帯とモーニングコールを駆使して、何とか7時に起床出来ました・・・。 起きれるか、本当に心配でしたからね・・・。
朝食サービスを利用して、ちゃんとお化粧もして、今日は遅刻しないようにと、余裕を持ってホテルを出ました。
二日目の講義も、充実してました。 昨日とは違う視点での講義だったので、あらためて、その深さを知りました。
知った故に、自分にもできるのかという不安も生まれましたけど、先生や先輩方曰く、「場数を踏むしか成長する術はない」との事で、そう言った意味でも腹を括る覚悟ができた気がします。
最後に、受講生同士でそれぞれの役柄で対してみましたけど、私の結果と対し方は、とりあえず、先生や先輩方の基準に達していたようで、安心しました。
同期の方は言うまでもなく素晴らしい対し方で、本当に勉強になりました。 何と言うか、ここまで濃い内容の日を過ごしたのは、本当に久々かもしれません。
注意事項と締めの言葉をいただいて、今回の講習は終わりました。 本当に、素晴らしい二日間でした。 自己投資して、本当に良かったです。
仕方ないとは言え、詰め込み方式での講習でしたから、とにかく、しばらく、頭が重かったです・・・。
お世話になってる方への贈答品を買ってホテルに帰って、資格受理のための感想文と言う名の論文に向かっていたら、妹からメールが来ました。
実は昨日、会えたら会おうと言ってたんですけど、昨日は結局会えなくて。 次の日は私の方に予定があって、会えるのがこの日しかなくて、最後の望みと朝からメールしといたんです。
幸い、出られるとの返事で、用意を済ませ、会いに行きました。 相変わらず、待ち合わせ地点で右往左往しましたけど、無事に会えました。
元気そうな様子にホッとして、妹のリクエストで回転寿司に行って、夕飯を食べながら、お互いの話をしました。
来週あたりに実家に帰ると言っていたので、また、一緒にゲーム出来るのが楽しみですv
妹も妹で、先の事はあの子なりに考えているようなので、私は姉として、出来る限りの協力はしたいし、見守りたいと思います。
妹と分かれ、ホテルに戻り、荷作りと論文を済ませ、この日も2時に就寝しました。

12日
予定の時間がお昼近くと言う事で、朝はのんびりできました。 それにしても、上京してる間、本当に暑くてびっくりしました・・・。
ホテルを出て、コンビニで論文を投函し、荷物を出して、体力的に不安が見えたので、栄養ドリンクで補って、出陣しました。
講習が終わって、論文も出して、なる事をやり切った感もあって、気が抜けてたんでしょうね・・・。 気の緩みが、とんでもない事に発展しました。
降りる駅を、すっかり間違えて乗り過ごしてたんです! 気がついた時、待ち合わせ場所から8駅くらい、進んでました・・・。
大急ぎで、約束してたマイミクさんに連絡を入れて、遅刻の旨を伝えました・・・。 もう、踏んだり蹴ったりです・・・。
何とか到着して、半年ぶりに再会できましたv 元気そうで、安心しましたけど、この時くらいから、学んだ事で自分が何か、変わった事を意識するようになりました。
再会の喜びを噛み締めながら、とりあえずはと言う事でカフェに入って、お互いの近況報告から始まりました。
落ち着いた所で、お昼を食べに行こうと、気になってた薄桜鬼コラボをしてるアキバのお店に行ったんですけど、平日にもかかわらず、結構な行列ができてて、諦めました・・・。
同じお店がカラオケをしているという事で、早々にカラオケする事に。 そこで早速、この週末に学んだ事をマイミク様の協力のもと、試させてもらう事にしました。
もうね、本当に場数踏むしかないなって、思いました。 注意点まで指摘してもらえて、ありがたかったです。
その後、一通り、カラオケを堪能した後、私が宿を取ってる地域に移動し、身軽にした後、喫茶店へ。 まだ夕飯には、少し早い時間でしたからね。
もともと彼女とは、同じジャンルで違う作品の二次創作をする者同士、という事もあって、そう言った話やお互いの相談になりました。
夕飯と気になって、元々は薄桜鬼コラボのお酒を出してる、大阪旅行の時に行けなかったお店に行く予定だったんですけど、
昼間の事もあって、気が削がれていたため、急遽、違うお店を探しました。 マイミクさんが良いお店を探し出してくれたので、安心でした。
そこでも、お酒を飲みながら、半分、暴露大会状態になりながら、創作話をしてました。 本当に、いい時間でした・・・。
話がなかなか終わらず、このまま会えなくなるのも気が引けて、その事を彼女に話したら、翌日、何とか時間を作ってくれるという事で、その日は解散。
解散した時、既に日付は変わってました・・・。 遅くまで、付き合ってくれた彼女に感謝です。 ホテルに戻り、帰り支度をしながら、入浴を済ませ、就寝しました。

13日
東京最終日。 この日、一つの選択に、結構、頭を使いました。 帰る、方法についてです。
もともとは、経費の関係上、夜行で帰る事にしていたんですけど、妹やマイミク様の温かい心配の言葉に、結構、揺れ動いてたんです。
マイミク様のタイムリミットは16時過ぎ。 夜行の時間は19時30分。 そして、夜行で帰ったら、母は留守。 
迷った末、マイミク様に後押ししてもらい、新幹線で帰る事にしました。 夜行バスのキャンセル作業と、新幹線の発券を済ませて、ようやくお昼。
そして、昨日の話を続きをして、お互いの意見を交わしました。 少しは、彼女の役に、立ててるといいんですけどね・・・。
私は、無責任に思いついた事とか言いたい事を、ただ言ってただけですからね・・・。
時間になり、乗り場まで彼女に送ってもらい、帰路につきました。 彼女は、最後まで、いろいろと気遣ってくれてました。 本当に、感謝です。
新幹線に乗って、母に連絡して、4時間近くの移動の後、着いた駅に母が来てて、びっくりしました。
夜道の運転にもなれないといけないからと、山を越えて、迎えに来てくれてたんです。 素直に、嬉しかったです。
妹の帰省の時も、これなら夜も迎えに行けると息巻いてます。 安全運転で、無事に帰って来てくれるなら、私は賛成ですけどね。  
うちの県って、道が良い分、結構、飛ばす人が多いらしいですからね・・・。 そろそろ練習も始めないといけないんですけど、それが心配の種です。
帰宅後、大阪のマイミク様から電話をもらって、久々に声が聞けて、嬉しかったですね。 荷物も届いたようで安心しました。
家に帰って、夕飯を食べて、母に東京での事を話して、自分の部屋に戻った時、ようやく今回の一連の事が終わったと、そう思えました。



今日一日は、母が介護教室に出かけてて、私は祖父母宅で留守番をしてました。 まだまだ、疲れは抜けません。 年、ですね・・・。
明日あたり、ようやく荷をほどいて、洗濯する事から始めようと思います。 気持ちも、ゆっくり切り替えていきたいです。
心配をかけた恩師の先生にも報告したら、学んだ事を生業にするのは難しいけど、私の精神状態が良くなった事を、喜んでくれました。
やりたい事が出来るようにと後押しして下さった、お世話になってるヒーラーさんにも報告して、いろいろなアドバイスをもらいました。
あらためて今回、これほど動く事が出来たのは、周囲の理解と、厳しくも温かい後押しのおかげだと思います。 本当に、ありがたい事です。
学んだ事を、どこまで活用できるかは分かりませんけど、学んだ事を自分の中心と思った方が良いとの事なので、そう思って、これから就活していきたいと思います。
今回学んでいた事は、自分の何かを確実に変えたと思えます。 それが何かは、あまりに漠然としてしか感じられないので、分からないんですけど。
調べてみたら、私の県にも同じような方がおられるようなので、機会を見つけて、会いにいけたらと思ってます。

明日から、また日常です。 まずは、10月頭の東京でのイベントに関して、決めていこうと思います。
: 夢のひと時 : 23:42 : - :
どうしようもなく 溢れだす想いを伝えると やっぱ ”大好き”しか出てこない

今更ですが、3月初めに決行しました、ツアー記を書いてみようと思います。



7日。
いよいよ初めて対面する日です。 もう、朝からバタバタしてました。
服はあらかじめて決めてたから良かったんですけど、苦労したのは髪型です・・・。
元々、こうしようと、一応考えてはいたのですが、したい髪形に自分の力量がついていかなくて、これで時間を食いました・・・。
そうこうしている内に、お相手様から出発したとのメールをいただき、こちらもそれに合わせてお迎えに上がる事に。
到着時間を気にしながら、その途中でこのツアーで必要なものを用意し、何とか時間ギリギリにホームについて、無事にお迎えする事が出来ました。

乙女ゲームを通じて知り合い、メールで交流する事約4カ月、”会えたらいいですね”とラブコールを送り続け、やっとお会いできたマイミク・プナプナ様です。

年が近い事と、同じ趣味を持ってる事が幸いして、会った早々、いろいろとお話ししました。 やっぱり、メールと直接とでは違いますからね。

事前に行きたい所をお互いに話してましたし、私も久々の事で無駄に張り切っちゃってたので、一応の下準備は出来てましたけどね。
荷物を持ったまま、まずは二条城へ。 久々って事で、すっかり中を忘れてて、遠回りな事もしちゃいましたけどね・・・。
御殿とお庭を散策して、とりあえず荷物を置きますかと言う事で、私の部屋へと案内する事に。 荷物を置いて、身軽になって、改めて観光する事に。
事前に決めていたルートに従って、次は銀閣寺方面に向かいました。 よーじやでお昼をのんびりいただいて、風情あるお庭を堪能しました。
お腹もいっぱいになったところで、哲学の道を通り、銀閣寺へ。 ここでも妄想しながらゆっくり拝観して、東山文化を堪能しました。
金平糖のお店にも立ち寄り、日々進化を遂げる金平糖の進化に驚きながら、買い物していく事に。 その後、鶴屋義信本店で、和菓子とお抹茶をいただきました。
時間も十分にあったので、プナプナ様が興味を持たれた祇園に向かい、一銭洋食を半分こして食べた後、夕飯のためにあの辺りを散策しました。
八坂神社にも参拝して、のんびり歩いて、アニメイトで買い物をして、予約していたお店に行きました。
夕飯を食べたお店は、東京やニューヨークにも展開しているお店らしく、何と言うか、全てにおいて、プロ意識を強く感じるお店でした。
お料理ももちろん美味しかったんですけど、スタッフさんの対応とか演出も凄くて、最後まで楽しむ事が出来ました。
プナプナさまのお誕生日の事もあり、ちょっとしたサプライズをお願いしたら、こちらが予想したよりずっと素晴らしい事をしてもらって、本当に嬉しかったですね。
その日はそのまま帰宅して、入浴後に就寝。 充実した一日を、過ごせた一日でした。

8日。
この日は着物を着ましょうと言う事で、朝からバタバタしてました。 就寝前から寝起きから、濃い世界にプナプナ様をお連れしちゃって、それでも笑って下さって、本当に朝から濃かったです・・・。
イノダコーヒーで朝ごはんを食べ(フレンチトースト、めっちゃおいしかったですv)、着付けをお願いしたお店に直行。
着物は数年前、選んだ色とか模様とかで、若干年増に見えたと思った事があったので、今回はそのリベンジも兼ねてましたからね。 もう、良くも悪くも、頭っから気合が入り過ぎてましたね・・・。
結局この日は、クリーム色の地に桜の小柄があしらわれた着物に、紫のグラデがかかった桜柄の帯、更にピンクから紫へとグラデした桜柄の長羽織と言う、桜尽くしのセレクトにしました。
ついでだからと、ヘアメイクの全てをお願いして、文字通り、化けました。 プナプナ様曰く、「奥様風」だったそうです。
この日、着物の全てに桜を意識したのには、この日の予定が大きく関わってます。 この日はほぼ一日、薄桜鬼ツアーだったからです!
着付けの後、島原へ行って写真を取りまくって、その後歩いて屯所に行き、説明を受けて一服して、ぶぶ漬けのお店に向かいました。
ただこのお店が人気店で、かなり待たされましたんですけど、中にいたお客に、ちょっと常識を欠いたような方がいて、それには若干ムカつきましたね。
でも、お店の料理は本当に美味しくて、値段も良心的で、しっかり堪能してお店を後にしました。 
その後、東映太秦映画村に行って、ここでも写真を取りまくってたんですけど、途中方雨に降られて、雨宿りがてらお茶をして、プリクラを取って移動する事に。
私的には数年ぶりのプリクラで、しかも着物での撮影で、すごく新鮮でした。 プナプナ様、誘ってくれてありがとうです!
日が暮れるにつれて、元々寒かった気温がもっと寒くなり、早々に着物を返しに上がる事に。 洋服に着替えて、本当にホッとしました。
その後、ついでだからともう一度祇園を通り、レトロな喫茶店でお茶をして、偶然見つけたドーナツ屋さんで明日の朝ごはんを調達して、この日の夕飯処、池田屋に向かいました。
入って早々、レジ近くに薄桜鬼関連のグッズを見つけ、お客のほとんどはそれ系の人なんだろうねと話しながら、席へと通してもらいました。
てか、ディスプレイして会って衣装も、絶対に隊士のコスプレ衣装ですって、あれは! まあ、縁も所縁も、深すぎるようなところですからね・・・。
メニューを見て、”あー、やっぱり”と思ったのは、カクテルでした・・・。 意識しまくってますって、あれは。 まあ、美味しかったですけど。 お料理にも世界観にも、十分満足できました。
帰りに寄ったコンビニで、プナプナ様がきのこのストラップに熱くなってらして、可愛いなーと思いました。 昨今のああいったもののクオリティは本当に凄いですね。
その後、帰宅して入浴。 プナプナ様曰く、この日の私は、床について数秒で落ちたそうです・・・。

9日。
最終日の朝も、早々に濃かったです・・・。 昨日買ったドーナツを食しながら、もやしもんの菌劇場をひたすら見てました・・・。
時間になり、荷物をまとめて、駅へと移動。 この日も着物でした。 前日が奥様風だったので、この日は絶対に娘風にしようと決めてましたからね!
一応、コンセプトとしては前日は「風間さんと夫婦になった後の千鶴ちゃん」をイメージして、この日は「華やかな着物を綾姫様に仕立ててもらった真奈ちゃん」をイメージしてましたからね。
迷った結果、ピンクの地に大柄の花があしらわれた着物と、紫の帯にしました。 それに緋色のショールで、まとめました。
着付けが終わった後、早速、嵐山へ向かう事に。 この日もやっぱり寒かったです・・・。 背中に貼っといたホッカイロが救いでした・・・。
着いた時間がお昼前だったので、なら混む前にとよーじやで早々にお昼をいただきました。 デザートまでしっかり食べた後、大覚寺へと向かう事に。
なかなか来ないバスを寒さをこらえて待って、やっと乗れて移動して、公家文化を思い切り堪能してきました。
次に天龍寺に行って、お庭と境内を拝観しました。 この頃から、二人してイメージソングの話で盛り上がりました。 殆ど、私の独演会状態でしたけど・・・。
天龍寺を見終わって、さてどうしようかと迷っていると、着物って事もあって、ま、人力車の勧誘をよく受けました。
結局、予算と相談して、歩いて竹林をめぐる事に。 野々宮神社に寄って、竹林の見どころに行って、親切なおじ様からアドバイスをもらって、思う存分竹林を堪能しました。
お土産物屋さんでいろいろと見て、こ腹が空いたので、焼きおにぎりを食べて(私とプナプナ様にとって、お約束でしたからv)、いい時間だからと帰る事に。
途中、人力車の兄ちゃんにつかまって、熱意に負けてJRの駅まで送ってもらいました。 まあ、悪くはなかったですね。
駅について、着物を返しに行って、荷物をロッカーから出して、夕飯を食べて、プナプナ様をお見送りして、この3日間のツアーが終わりました。

あまりに濃密な時間だったので、二日間、何もできないくらいでした・・・。 

プナプナ様曰く、私は金平糖製造機なんだそうです。 純粋培養なみの乙女なんだそうです。 実感がなかなかわかないのですが、でも、嬉しいものですね。
夕飯の度に、いろいろな話をしました。 作品に対する想いとか、創作に対する悩みとか、お互いの事とか・・・。
本当に素晴らしい方で、とてもいい刺激をもらえました。 

一緒に見た寺社仏閣も、お気に召してもらえたようで、本当に嬉しかったです。 もっといろいろと、一緒に見たかったです。
久々に、そういった所にも行きましたけど、やっぱり何度見ても飽きる事がないですね。 行くたびに違う顔が見れるので、魅力は尽きないんだと思います。
結構、詰めに詰めたスケジュールだったので、やり残したこともあります。 いつか、必ずリベンジしたいです。

プナプナ様、3日間、本当にありがとうございました。 必ずまたお会いしましょう!
  

: 夢のひと時 : 23:58 : - :
キミ主演映画の監督組織が キミ自身だってことに 気づく事が出来りゃ シナリオ お気に召すままに
3日ぶりの日記です。 ここ3日、本当に怒涛のごとく、めちゃくちゃ濃密な時間を過ごしてました。

4日。 
一日、とにかくパソコンの前にいました。 理由は、約束の原稿が上がってなかったからです・・・。
資金繰りで銀行に行ったのと、切符を買いに行った以外は、ずっと家で原稿をしてました。
話の展開は何とかなってくれたのですが、落とし方でかなり迷いましたね・・・。 
おかげで、当初予定していなかった話にしたりもしましたけど、個人的にも納得のいくお話になってくれました。
日付が変わってようやく、リクエストされたお相手様でもあるプナプナ様に、送る事が出来ました・・・。
それから大急ぎで、明日の準備を整えて、大急ぎで休みました・・・。 本当に、約束の日まで、ギリギリでも間に合ってホッとしました・・・。

5日。
仕事を辞めてから、と言うよりも、自宅療養を始めてから、一度も使う事が出来なかった、父の形見の目覚ましを、本当に久々に使って起きました。
仕事してた頃なら、遅刻ギリギリの時間に何とか起きれて、アプリの管理をしながら、朝ごはんを食べ、身支度を整え、化粧をし、準備をしてました。
この日は、マイミク・プナプナ様と名古屋に遠征する日だったので、気合はばっちり入ってましたが、要領の悪さから、家を出たのは、予定時間のギリギリになってしまいました・・・。
しかも、携帯のアラーム機能を切るのを忘れてて、地下鉄の電車内で鳴ってしまって心底焦りながら、何とか予定の電車に乗れました・・・。
行きは在来で、帰りは新幹線でと考えていたので、始めての路線に戸惑いながらも、通勤・通学ラッシュでなかなか座れない電車で移動しました。
途中で運良く座れたので、そこからはのんびり景色を見ながらの旅になりました。
安土とか彦根とか関ヶ原とか、メチャメチャ気になる駅名を楽しみながら、ゆっくり3時間近くをかけて、名古屋に向かいました。
約束の時間より早く着いたので、何となく持っていったポメちゃんで、次の原稿のネタを殴り書きしてたら、プナプナ様が到着されました。
待ち合わせ場所を明確に決めてなかったので(お互い、名古屋は未開の地だったので)、合流には少々難儀をしましたけど、無事に再会できて、ホッとしました。
一ヶ月ぶりの再会って事で、のっけからハイテンションでしたね。 本当に、原稿を間に合わせておいて良かったです。
とにかく観光らしい事をしようと言う事で、タクシーを使って名古屋城へと向かいました。
ちょうど桜も5分咲きで、いい感じもお花見気分で、お城の中とか見て行きました。
でも、見ながらする会話は、昨日、私が夜も遅くに送った原稿の感想を聞いて、ネタばらしとか裏話とかを話しての繰り返しでした。
難産だった事もあり、私にとってもあのお話は大事な大事なものだったので、プナプナ様にも満足してもらえたのが嬉しかったです。
一通り、お城を堪能して、栄の辺りが賑わってるらしいと言う事で、そこまでバスで移動することに。
こういった事は、プナプナ様が本当にしっかりされてたので、私はただただ、後ろを追いかけてました。
美味しいみそカツのお店も調べてもらい、ナビに従いそこでお昼。 初めてみそカツを食べましたけど、本当に美味しかったです!
その後、一か月前には行けなかったカラオケに行ったのですが、私自身、一年ぶりくらいに行ったので、なかなか発声がうまくいかなくて難儀しました。
やっぱり、使わない筋肉って衰えて行くんですね・・・。 ちょっと凹みながらもせっかくなのだからと、楽しみました。
夕方になり、お互いの帰る時間を考えつつ、やっぱりお酒は飲みたいよねって事で、駅ビル内の居酒屋さんで夕飯にしました。
そこで、お互いに創作の悩みとか思いとか、いろいろと話していく内に、このまま別れる事が中途半端と言うか、勿体ない気がしてきちゃいまして・・・。
思い切って、言っちゃったんです。「お泊りに行っちゃダメ?」って・・・。
急な申し出ですから、お断りの言葉が返ってきました。 当然です。 でも、私もしつこいので、妥協案を出したんです。
「じゃあ、最寄駅の近くにお宿はある?」って食い下がったら、「今、調べてる。」と返ってきて、なんか、気持ちの通じあいみたいなものを感じて嬉しくなっちゃいました。
ここまで食い下がったのは、私が実家に帰れば今以上に会う事が難しくなっちゃうので、会えた時に、多少の無理をしてでも話しておきたかったと言いますか・・・。
無茶な事を言ってる自覚はありましたけど、可能性があるなら、かけてみたくて食い下がったら、お互い、少なからず両想いだったみたいで、本当に嬉しかったです。
そんなわけで急きょ決まった合宿プランで行こうという事になって、お会計を済ませて、切符を買って、新幹線を待ってたんです。
で、来た便に何の迷いもなく乗った事が、私とプナプナ様の今後の事を、大きく変える事になりました。
空いてる席に座って、何気なく電光掲示板を見て、一瞬、目を疑いました。 止まる予定のはずの駅名が、出てこなかったんです!
慌ててプナプナ様に話して、出た結論は、「新幹線を乗り間違えた」と言う事でした・・・。
いやぁ、こんな事ってあるんですね! お互い、お酒を飲んでた事もあり、しっかりと確認していなかったとは思います・・・。
プナプナ様はしっかりされたもので、すぐにホテルの手配とか明日のご自身の予定の変更とかに奔走され始めましたけど、私は、睡魔に負けて、寝てました・・・。
一人だったら、もっと焦ってたと思うんですけど、しっかり者のプナプナ様が一緒だから大丈夫だろうという、妙な安心感があって・・・。
もう、本当におんぶにだっこ状態で、新横浜まで行きました。 着いたのは、もう、日付が変わろうとしてる時間でした・・・。
移動中、プナプナ様がホテルの手配をして下さってたおかげで、何とか無事に宿に着き、チェックインを済ませました。
ここまで来たら、前回のお泊りでは出来なかった家飲みをしようと言う事で、コンビニに行って、お酒とか必要なものを買いました。
お風呂を済ませて、買ったお酒を飲みながら、居酒屋での話の続きに花が咲きました。 本当に、楽しかったです。
お互い、育った環境とか考え方が、180度と言っていいほど違うのに、何故か通じるものもあって、話していて、ほんとに勉強になりましたね。
前回は出来なかったガールズトークもして、セミダブルのベットで一緒に寝ました。 本当に、いろんな意味で濃い一日になりました。

6日。
8時に起床。 プナプナ様も起きて来られて、のんびりと支度を整えて、チェックアウトしました。
駅近くで朝マックして、せっかく横浜まで来たんだからと、関内に向かう事に。 まさか、こんな形でもう一度来れるとは思ってなかったので、嬉しかったです。
横浜は、私にとって思い出深い土地なので、思い出巡りって事で、いろいろと行ってきました。
横浜スタジアムの周りをぐるっと回って、山下公園の方へと歩いて行って、大桟橋で海を見ました。
横浜でゆっくりできると分かってから、何故か無性に海が見に行きたくて、海沿いを歩いて、赤レンガやランドマークタワーを目指しました。
その間も、原稿のネタを話したり、お題を出し合って妄想したりと、本当に有意義な時間をおくる事が出来ました。
横浜に、大好きな鏡アートのお店がデパートに出店してると聞いていたので、マイミク・わかな様に詳細を教えてもらっていってきました。
「名古屋なのになんで横浜?」と不思議がるわかな様の問いを笑ってごまかし、母上からは呆れたため息をいただきました・・・。
私自身、何かを感じていたのか、資金を多めに用意していたことが幸いして、思い切り楽しむ事が出来たのはありがたかったです。
たくさん歩いていた事もあり、思ってる以上に体に疲れが蓄積している気がして、夕飯の時間までカラオケボックスで休む事にしました。
ここでも、いろんな話をしました。 お互いの違いを話して、だからなのかと、納得する事が多かったですね。
彼女のように器用に生きられないのは、私はきっと、そういった苦労をどこかでしたがってるから、なんでしょうね・・・。 何となく、そう思います。
人と対峙して、いろんな思いを感じて、時にはそういった感情に振り回されて、苦しんだり悲しんだり愚痴ったりするんでしょうけど、苦しみ足掻く事が、私が私たる所以かな・・・って、思ったりました。
そりゃあ私だって、思い煩う事がないに越したことはないですけど、結局自分からそういったものを向かっていきそうな気もしてます・・・。
いちいち感情的になって、快くも感じ、不快にも感じながら、私はこれからも、愚痴を言いながら歩いていくんだろうなぁ・・・なんて思いました。
器用に生きるより、その方が私らしい気がしてます。 私は結局、自分が大事に思う人しか愛せない、不器用な偏愛主義者ですからね・・・。
そんな私を、プナプナ様は、本当に心配してくれてました。 それが本当に、嬉しかったです。
やがて帰る新幹線の時間になり、軽食を済ませて、今度は間違えないように、二人でしっかり確認して、新幹線に乗りました。
最後の最後まで、原稿とかネタとかお題の事とかを話して、それぞれが生活する最寄駅で、お分かれしました。
「また絶対に会おうね」と言ってくれて、最後までお見送りしてもらえて、本当にありがたかったです。

予想外の旅になりましたけど、一日多く、プナプナ様とご一緒できて、本当に楽しかったです!



さて。 名古屋遠征も終わり、次の大きな動きは、いよいよ来週に迫った引越しです。 とうとう、です・・・。
心配した母上から、今朝、電話をもらいましたが、真っ先に聞かれたのは、私が今いる所でした・・・。
母上の後押しもあり、今日一日で、少しは片付けられたような気がしてます。 明日中に必要最低限のレベルまで、終われるといいんですけどね・・・。

日曜に、望さん関係のお姉さまと会う事になるかも知れないので、明日中に大体の事を片付けてしまいたいと思ってます。

先輩の奥様からの連絡はまだきません。 一応、自分が後悔しないように、もう一度だけ、連絡を入れてみようかと思ってます。
繋がれば会えばいいですし、ダメだったら返る日にメールだけでも入れておこうと思ってます。
課長への挨拶も、出来たらいいなと思ってましたけど、今はもう、どっちでもよくなってます・・・。
辞めた身で、いちいち引越しの報告をするのも、変かも知れませんしね・・・。 そこらへんの事も、適当に決めたと思います。

徐々に殺風景になっていく部屋に、切なさをバシバシ感じてますが、その思いに負けないように、明日中に片付けを、少しでもすませられればと思います。
 
: 夢のひと時 : 22:55 : - :
生まれ変わっても またボクにして キミをそばで ずっと見ていたい
 
今日も一日、お昼は春で、夜は冬な気候でした。 3月末なのに、夜になると軽く息が白くなるのには、不思議な気分にさせられます。

今日はお昼からお出かけしてきました。 午前中は洗濯しながら、原稿に向かってました。 
書き殴ってると、だんだん自分の中の矛盾みたいなものが、いい意味で開き直れてくるみたいで、少しは筆が進んでくれました。

で、お昼を過ぎたくらいに、”青蓮院に行こう”って、急に思い立っったんです。
と言うのも、今日お会いしたのは、望さん関係のお姉さまで、ここ最近の忙しいと聞いていたので、”じゃあ、早目の夕食だけご一緒しましょう”と言う予定だったんですが、
その夕飯の予定地のちょっと先に、青蓮院がある事を思い出して、じゃあ、ちょっと足を伸ばしてみようかなって気になったんです。 まだ行った事もなかったですからね。
そんな我儘を電話で連絡したら、お姉さまも快諾して下さって、急遽、予定を早めて会う事に。
久々にお会いしましたけど、お元気そうな様子で、本当に安心しました。 いろいろと、大変だったみたいですからね・・・。

合流して、青蓮院に行って、ここでのんびりお庭とか建物とかを堪能しました。 由緒あるお寺と言う事で、趣も良かったです。
公家風の建物で、一時期、御所としても使われた事があるそうで、お約束のように御座所の前には、右近の桜と左近の橘がありました。
庭も素晴らしくて、季節柄、桃の花が一段ときれいでしたね。 桜の時期には、人がごった返しそうです。
小一時間ほど、青蓮院でのんびりして、知恩院の方まで足を伸ばしてみました。 時間的に、拝観は無理でしたけど、浄土宗の総本山の大きさには圧倒されました。
少し早い時間でしたけど、早々に夕飯の場所探しを始めて、マイミク・プナプナ様とも一緒に行った、池田屋に決めました。
前回は予約して行ったので、薄桜鬼のキャラのコスプレ衣装が飾ってあった二階に通されましたけど、今回は飛び込みだったので、地下へと案内されました。
やっぱり、気心の知れた方と食べるご飯はおいしくて、お酒もご飯も進みました。
前回食べておいしかった物を中心に、ちょっと冒険しながら、しっかりと食べてきました。
お酒も、前回は確か糸里さんのカクテルと土方さんのカクテルだったと思うんですけど、今回は総司さんのカクテルと温州みかんのお酒のソーダ割りと、日本酒ベースの桃リキュールにしました。
仕事を辞めると決めてから、お酒を口にするようになりましたが、大体こういった所では、2〜3杯くらいなら大丈夫みたいです。
でも、油断しないようにはしたいです・・・。 チューハイだけならいざ知らず、日本酒系とかには、本当に免疫ないですからね・・・。

お姉さまと話をしながら夕飯を終えて、元々予定していた夕飯場所へ行って、お茶とデザートを堪能しました。
場所的には、繁華街から少し離れているので、そんなに混んでなくて、ゆっくりできるいい感じの場所でした。
私自身、バスでよく横を通ってて、行きたいなぁ・・・と思ってた所だったので、十分、楽しんできました。
静岡産の日本紅茶を初めて飲みましたけど、なんか、不思議な美味しさのお茶でした。 デザートで食べた抹茶パフェも、美味しかったです。
お店の立地の雰囲気が、中心に石庭とか水場があって、それが夜にはライトアップされてるロマンチックで大人っぽい所だったので、喧騒から逃れてゆっくりできたって感じでした。

酔い覚ましも兼ねて、お姉さまをお見送りに駅まで少し歩いて、もう一度会えたら会いたいですねと言って、今日はお分かれました。
私が地元に帰ってからも使えるようにと、わざわざエプロンのプレゼントまで用意してもらってて、手ぶらの自分が恥ずかしかったです・・・。
いただいたエプロンは、実家でしっかり使わせていただこうと思います! 本当に、ありがとうございました!! 名残惜しんでもらえて、本当に嬉しかったです。

青蓮院に行ってきて、できたら曼寿院にも行きたいなぁ・・・なんて思いだしてます。
ただ、北の外れの方なので、気力がわかないといけない感じもしてます。 行くなら、詩仙堂にも寄りたいですね・・・。 まあ、あくまで行けたらってくらいにしときます・・・。

明日は区役所に行けたら行きたいですね・・・。 転居届をさっさと出してしまいたいので・・・。
ついでに、職場のロッカーの掃除も、もう済ませておこうかと思ってます。 31日はもう、挨拶だけにしておきたいですしね・・・。
午前中にこれらの事をさっさと済ませて、午後からは原稿に向かいたいと思います。 あ、光熱費の支払いにも行かないと・・・。
包丁の研ぎも終わったそうなので、その引き取りにも時間を見つけて行ってきたいと思います。 

退社まで、あと5日です。 ゆっくりゆっくり、心の準備を始めて行こうと思います。
: 夢のひと時 : 22:57 : - :
今宵エデンの片隅で 愛の行方さがしましょう 形がないものならば いつも感じていればいい
今朝は、5時30分起きでした。 せっかくのお出かけなので、朝から気合は入りまくってました。
もともと、マイミク・わかな様から誘ってもらってた癒しスタジアムでしたが、ご本人がお仕事の関係で頭から参加できなくなってしまい、
じゃあということで、望さん関係のお姉さまにご同行をお願いしましたら、快諾してもらって、今日の参加と相成りました。

前日、先輩の言葉に心はボロボロだったにもかかわらず、ちゃんと夕飯を取り、お風呂に入り、夜更かししながらも眠れたのは、今日のためです。
前回の癒しスタジアムで得たものは、私にとって大きな支えとなってくれたものなので、どうしてももう一度、参加したかったんです。

5時30分に起き、アプリの諸々で一時間をつぶし、朝ごはんを済ませて身支度を整え、雪が降る街を一路、会場へと急ぎました。
「こっちで見る雪も、これが最後かもしれないな。」なんてなごり雪的な事を思いながら、
電車と地下鉄で移動すること1時間30分、無事に会場に到着し、お姉さまとも数カ月ぶりに再会できました。
お互いの近況を話しながら開場時間を待ってましたけど、お互い、似たような状況で苦しんでました。

開場時間になり、真っ先に向かったのは、オーラのブースでした。 前回ここで、私の後ろで亡き父が守ってくれている事を教えてもらってから、
それを支えにしていた部分が大きくて、これからの事や父からの何かを聞きたくて、真っ先に向かったんです。
今回は視ていただく方の言葉を待って、カウンセリングをしてもらいましたが、「結婚に対して焦ってる」という指摘を受けて、びっくりしました。
自分に、そんな自覚が全くなかったんです。 無意識で、そう強く思っているそうで、「結婚までのプロセスに目を向けるように」を助言してもらいました。
私の後ろには、相変わらず父がいるそうです。 それを聞いて、本当にホッとしました。
昨日の事もあって、父が守ってくれたから立ち直れたと思ってましたから。
昨日の事は視ていただく方には伏せてたんですけど、意外な言われたんです。

「次に精神的に落ちたら、もう一度上がるのは難しかったはず。」
「昨日、大変な事があって、本当なら今日だって、約束があっても外に出られる精神状態じゃなかったはずなのに、こうして行動しているのは凄い事。」
「落ちないようにと踏ん張れたのは、自分自身の力。 お父様はそれをとても褒めてる。 よく耐えたと、あなたの頭を撫でてる」

そう言われて、涙が一気に溢れました。 父が守ってくれて、こうして導いてくれた事が嬉しくて・・・。
仕事の事も残りあと9日の事も相談しましたけど、「もういい」と、そう言われました。
昨日の一件以来、本当にもう、職場には行きたくなくて、明日、事務担当の方が私の症状をご存じの方だから、相談に行こうと思ってたんです。 
これ以上の無理はしない方がいいみたいだと言う事が分かっただけでも、私にとっては救いでしたね・・・。
今回も充実したアドバイスをもらえて、本当に嬉しかったです。
一緒にいたお姉さまも視ていただく事になり、私は席を外して、一人でいろいろと見て回る事にしました。

次に立ち寄ったのは、数秘術のブースです。 元々は、その隣の過去世のブースに惹かれてたんですけど、カウンセリング中だったので、先にこっちをする事にしたんです。
視てもらった内容は、それなりに当たってて、こういった学問の幅に広さに驚きました。
教えてもらったのは、「自分を大事にすること」でした。 そして、「なるべく、周りを敵とは見ないようにした方がいい事」でした。
一日一杯、自分のためにお茶を入れて上げて、一日の自分に感謝してあげるようにとアドバイスしてもらいました。
基礎体力を上げた方がいいみたいなので、実家に帰ったら、なるべく積極的に家事をしていけたらと思います。

カウンセリングが終わって、隣を見たら、次の方がカウンセリング中だったので、もう少し歩いてみる事に。
すると、カラーキューブセラピーのブースを見つけて、強く惹かれたんです。 興味のままに座って視てもらいましたけど、前回の素質学と同じくらい、好きな分野でした。
10個のジュエルキューブを積み木のように組み合わせながら、自分の内面を探っていきましたが、遊びのようで楽しかったです。
10色だから分かりやすいし、自分の言葉で表しながら理解していくので、気づきやすかったです。
最初は体験版だけのつもりだったんですが、本当に面白くて、何よりこういう世界は、私自身大好きなので、奮発して全体を視てもらいました。
結果は何と言うか、かなり当てはまってて、これは本当に好きな分野だなと思いました。
単純だから奥深いし、機会があれば本格的に学んでみたい分野です。 プロにならないとカラーキューブはもらえないそうなので、それが本当に残念です・・・。
予算さえ何とかなったら、講習に参加する事も本気で考えたいです。 また一つ、新しい世界に触れられて、本当に実りの多かった時間でした。 

次に向かったのは、気になってた過去世のブースです。 ちょっと待って視てもらいましたけど、これも、自分の内を知るいい時間になりました。
私の過去世の中で視えたのは、縄文時代の高位の巫女だったんだそうで。 シカの骨を使った占いとか、雨乞いとかを、国のためにしてたんだそうです。
でも、自らの命さえ国のものだという思いが強すぎて、国の繁栄を願い、そのための贄として、自らの命を捧げてしまったそうで・・・。
高位の巫女と言う事で自由もなく、様々な制約の中で生きてきたためか、「自由に生きるために」今世に生まれたんだそうです。
確かに私、寺社仏閣は大好きだし、一時期、巫女や修道女に憧れた事もありますからね・・・。
そして、一番大きな影響は「自己犠牲」と言う事で、とにかくそういった思いを抱きやすいんだそうです。
奇しくも昨日、母上との電話の中で知ったんですが、妹が誕生日の本で私の千円月日を調べたらしく、その内容を母に言ってたそうなんですが。
妹曰く「姉ちゃんは、自分の命を大切にしてない」んだそうです。 当たらずとも、遠からずですね。
確かにどこか、自分の命とか存在を、自分自身、軽視してる節がないわけじゃない気もしてますからね・・・。
そういった負の思いを浄化してもらい、「やらないといけない」じゃなくて「やらなくてもいい」と思えるようにとアドバイスしてもらいました。
やれる事はやる。 できない事は出来ないと言う事を、学んでいく大切さを教えてもらいました。
父と母と妹と、ついでに元彼さんとの過去世も視てもらいましたけど、面白い結果でした。
父と母と妹は、過去世でも家族で、私はその家に引き取られた戦争孤児だったんだそうで・・・。
貧しいながらも自分を引き取ってくれたこの家族の恩返しをするために、今世はこの家族の中に生まれたんだそうです。
確かに私と家族の関係って、どこか事務的な空気がないわけじゃない気もしないんですよね・・・。 甘えきれないと言うか・・・。 過去世が養女だと思えば、納得できなくもないかな・・・。
元彼さんとは同じく戦争孤児で、支え合ってたんだそうです。 所謂、腐れ縁のようなものでしょう。
ただ今世では縁づく事はないようで、逆に縁づかない方がいいんだそうです。 自分が選んだ決別の道が正しかった事が分かり、嬉しかったです。
二次創作の事にしても、イギリス付近で物書きをしていた過去世もあるそうで、今やってる事も妄想癖ではなく、一つの才能なんだそうです。
恥ずかしかったですけど、嬉しかったですね。 創作活動に、ちょっと力もらったような気分です。
信じる信じないは別として、それでも自分の内面の理由を一つ示してもらえて、大きな支えになりました。

ご一緒したお姉さまもいろいろと楽しまれたようで、ここでお昼を取るためにいったん退場し、お昼を済ませてもう一度再入場しました。

気になってたオーラソーマのブースに行って視てもらい、カラーキューブとはまた違う、深い世界に癒されました。

オーラソーマが終わった頃、マイミク・わかな様がお仕事終わりに駆け付けてくれて、久々に再会できました!
お姉さまにも紹介して、ここから三人で行動する事になりました。

次に前回もやってもらったヘナボディアートを、今回は両手首にお願いしました。
生命力を表すと言う蓮の花を、左は上から、右は横から見たものを、書いてもらいました。
いつかは消えてしまうものですが、お守りと思って、なるべく長く身に残しておきたいです・・・。

お姉さまもわかなさまも、それぞれに興味のあるブースに行かれて、私も前回やってもらったルーン占いにもう一度行ってきました。
嬉しい事に、私の事を覚えていて下さってて、あらためて視てもらいましたが、嬉しい結果が出てくれました。
決めた時はマイナスだったかもしれないけれど、結果的にはプラスになっているようで、自分が選んだ道が間違ってなかった事を見せてもらった思いでした。

前回、パワーストーンを買ったブースに寄ったら、今回も目を引く子を見つけて買っちゃいました。
前回買ったブレスレットも、一緒に浄化してもらったんですけど、ローズクウォーツが白くなってるって言われて・・・。
昨日の事を話したら、それが原因かもしれないって言われて、負の感情を吸ってくれてるだなって思いました。
新しいブレスレットは、前のブレスレットとデザイン違いな感じで、喧嘩する事はないと保証してもらえて、安心して一緒に着けてます。

別のブースで、スワロを使った、雪をかたどったシンプルなサンキャッチャーのストラップも買ったので、ウォークマンにつけたいと思います。

前回は、視てもらった占い全てを受け止める事が出来てなかったのですが、今回はどれもすんなり自分の中に入ってくれたような気がします。

実は昨日の事があり、仕事を続ける自信がなくなり、残り9日の仕事を休む事をしようかと迷っていたんですが、何だか、自分を大事にするように背中を押されてるように感じました。
とりあえず明日、事務所に行って、昨日の事を相談してこようと思います。 これ以上、職場で仕事出来るなんて、本当に思えないので・・・。 行く前に精神科に寄って、診断書を書いてもらう事も考えてます。 
新しい薬に手を出す事も考えられませんし、新しい薬を服用したからといって、症状が好転する保証はないんですからね。
結果は分かりませんけど、とりあえず明日、自分のために動いてみようと思います。

帰りに3人で居酒屋に寄りましたけど、久々に美味しいご飯とお酒を楽しむ事が出来ました。
実は辞めると決めてから、結婚した時に、旦那さんの晩酌に付き合えるようになりたくて、外での飲酒はちょっとだけするようにしたんです。
今日は杏酒のソーダ割りと、熟成梅酒のソーダ割りと、カシスソーダを飲みました。
居酒屋で飲み放題でしたから、お酒自体も薄くて、外気で酔いが冷める程度に適度に酔えました。
醜態をさらさない程度に、分を弁えながら、これから少しずつ、嗜んでいけたらと思います。

お姉さまを見送り、わかな様とも分かれて、何とか帰宅できました。 本当に充実した、楽しい一日でした。

明日、ダメもとで休暇願を相談してきます。 結果は分かりませんけど、自分のために足掻くだけ足掻いてみます。
今日、もらった言葉や想いを、これからの支えにできるようにしたいですね。
 
: 夢のひと時 : 23:58 : - :
俯いて泣いていた日もあった気がする 何かを、信じようとして
地元から、戻ってきました・・・。 明日からお仕事です・・・。 でも、金曜から3連休をもぎ取ったので、2日だけなのがせめてもの救いですね。

4か月ぶりの実家は、何と言うか、感慨深かったです。 数カ月後には、ここが私の拠点になるんだなって思うと、何かね・・・。
18歳で出て、30歳で戻る事にあろうとは・・・。 12年ぶりの実家暮らしに、若干の不安もありますが、安心感もありますね。
祖父母も母も元気そうで、本当に安心しました。 私が4月で無職になって帰る事は知ってるので、早く帰ってこいと急かされました。
今までは実家に帰っても短期間の滞在だったので、お客状態でしたけど、今回はもう、いずれ貴重な戦力になるんだからと、早速、母上のスパルタ教育が始まってました・・・。
んなことは、ちゃんと帰ってからでいいじゃんかと思いつつ、言うこうとは聞きました。 聞いてて損ではないですからね。
いろいろと話して、とりあえず、帰省後の部屋は確定できました。 テレビとネットの事も、何とかなりそうですが、空調の問題が宙ぶらりんですね・・・。
エアコン、ないんですよ。 私の部屋になる部屋に。 これ以上、家に穴を開けたくないと言う母上の意見も変わらずで、今から先が思いやられます。
夏も不安ですけど、特に冬場がね・・・。 暖房ないと死にますって! 加湿機能付きの伝熱系の暖房器具は、絶対に必要ですって!
パソコンの事もあるので、慎重に考えて、暖房器具を決めたいと思います・・・。
私の部屋になる部屋は、元々晩年の父が寝室に遣ってた部屋なので、父が使ってたベットがあったんですが、それをどけないといけなくて。
母と二人で何とか運びましたけど、重労働でした・・・。 とにかく、この帰省ではのんびりする事は少なかったです。
私が帰るって事で、母も母でいろいろ動こうとしてるみたいで、いい意味で、父亡き後の家が活用されつつあるので嬉しいです。
いろいろと話して、いろいろと動いて、活動しまくった帰省になりました。

実はこの帰省、元々は予定になかった事でして。 あるイベントに、お仲間のお姉さまから誘われて、じゃあついでにと帰省する事になったんですが。
この日曜に、秋穂で読み聞かせ会があったんです。 その読み手のお一人が、望さんだったんです!
お姉さまから連絡を受けて、甘える形で一緒に応募してもらって、 運良く当たったので行ってきました。
夜行で山口には戻ったのですが、起きて外を見たら、霜が降りててびっくりしました・・・。
山口の湯田温泉で降りて、そこから新山口に向かい、在来線で最寄駅・大道へと移動しましたが、田舎ってすごいですね。
電車のドアに、手動って書いてあったんです・・・。 実際、発車時間まで寒いお外で待つのかと思ってたら、車掌さんが「開けて入ってていいですよ」って・・・。
じゃあ、お言葉に甘えてと中に入って待ってたら、時間になって発車。 途中、お姉さまから着いたと連絡を受けました。
着いて大急ぎで改札に向かって、8か月ぶりにお姉さま方と再会しました。 お二人とも、お元気そうでした。
とりあえず、一段と待ってたタクシーに乗って、会場である通称・らんらんドームに向かう事に。
会場についたら、同じような方が数人並んでました。 皆さん、考える事は一緒のようです。
スタッフの方の御好意で、会場の和室を解放してもらい、整理券配布の時間までそこで過ごす事に。
お仲間同士、望さん話に花を咲かせていると、時間になり、整理券が配布される事に。 お姉さまの頑張りのお陰で、10番台をゲットできました!
その後、お昼を食べに道の駅に行って、こじんまりした道の駅でお昼を済ませましたが、そこで驚く事がありまして。
食堂で「ワンピース」をしてたんですけど、その話が、エニエスロビー編だったんです!
しかも放送してたのは、日テレ系の地元局なんですよ・・・。 いやぁ、本当に驚きました・・・。
ケーブルとかでフジ系列が見れれば、ちゃんと今やってる分は見れるみたいですけどね・・・。
驚きつつ、お昼を済ませて再び会場へ。 整理番号の早い人って、私も含めて、多分、望さんファンだったと思います。
開場になったらなったで、席取りの始まりでした。 お姉さまの助言で、望さんと同じ目線になるようにと、下から3列目の真ん中辺りに陣取りました。
待ち時間の間、夜行であまり寝れてなかったので、軽く仮眠を取って、開演に備えました。
いよいよ時間になり、望さんともう一人、女性の声優さんが登場! 望さんは確か、薄い水色の細い縦じまの入ったシャツに紫のカーディガン、こげ茶のパンツといった出で立ちでした(多分です、多分!)
時々、指遊びや音当てクイズを交えながら、5つの童話を朗読されました。 演技力はもう、当然ながら素晴らしかったです!
音楽も使っての朗読会で、子供たちにも受けは良かったです。 絵本の世界が立体的になって、より分かりやすくなった感じでした。
最後にトトロの「さんぽ」を歌って終わりになりましたが、「さんぽ」を歌う望さんが可愛かったです!
指遊びをする望さんも、すっごく新鮮でしたね。 なんか、落ち着いた感じの歌のお兄さんに、見えなくもなかったです!
子供さん相手って事で、服も親しみやすいものにされてましたけど、ところどころで、ライブの面影を見た気はしました。
ああいったイベントでの、子供たちの瞬発力ってすごいですね。 クイズに答える時の力の入れようはすごかったです。
指遊びをする時も、なんか、幼稚園のお遊戯関満載で懐かしかったです。 それにちゃんと興じられる望さんが、眩しかったです・・・!
あっという間の一時間で、ちゃんとアンケートも書いて渡しました。 素晴らしい一時間でした。 こういう機会は、子供のためにも、もっとあった方がいいと思います。
読み聞かせ会が終わり、さあ、これからどうしようと思ってたら、母上から電話がありまして。
「迎えに来たから」と言われて驚きました。 母上が会場まできてたんです。
一応、来れたら行くからとは言ってたんですけど、秋穂は母にとっても未開の地で、何より祖父母の事もあり、何時に終わるか分からないイベントの迎えは遠慮してたんです。
だったら、地図で調べてきてたんです。 本当に驚きました・・・。 で、結局そのままお姉さま方とはここでお別れする事に。
バタバタしたお別れになってしまったのは残念でしたけど、久々にお会いできて、お話できて嬉しかったです。
望さんのイベントも、地元に帰れば参加はほのつに難しくなるので、最後かもしれないこのイベントに参加できて、お顔を見られて、本当に良かったです。

そんなこんなの帰省が終わり、こっちに戻って、私も動き始めました。 引越しの日を、業者さんに見積もりしてもらい、決めたんです。
4月の、12日になりました。 最後に、京都の桜が見れそうで、ちょっとホッとしてます。
ただ、小物の量がどうやらネックになるらしく、段ボール2箱まで抑えることが条件になりましたけど、それをクリアすれば諭吉さん10人分で何とかしてもらえる事になりました。
3月に入れば戦いですね。 捨てるものは本当に捨ててかないとダメですね。 大丈夫だといいですけどね、私・・・。
4月にはもう一つ、実家で飼ってる犬たちの、狂犬病の予防接種のために妹もちょっと帰ってくるみたいなので、重ならないようにはしたいです。

実家に帰ってからの事も、徐々に決まりつつあります。 環境がからりと変わるわけだからと、とりあえず、4月いっぱいは家の事を覚えるように言われてます。
祖父母の生活のリズムや食事の世話を、まず覚えてもらいたいらしいです。 仕事探しは、その後くらいですかね・・・。
母にしてみれば、婚活の方に力を入れたいらしいので、そっちの方も、本腰を入れなければと思ってます。
お小遣い程度は稼ぎたいのですが、そう出来るまでは、今までの自分の稼ぎしか頼るものがないので、欲しい物の選定にはより厳しさが求められそうです・・・。 どうしよっかな・・・。
頭の痛い事も多いですが、何とかしていけるようにしていきたいです・・・。

仕事も、年休消化がうまくいけば、実質あと11日程度で終わります。 終わりも目標に、もうしばらく、耐えていければと思います。
今週末も、お出かけです。 久々に、望さん関係の、近くのお姉さまとデートです!
寒くなるみたいなので、暖かくして、体調を崩さないように、遊んできたいと思います。
 
: 夢のひと時 : 21:45 : - :
朝霧 夜明け前 光はそこに やがて羽広げて どこへ行くのだろう
 
今日は一日、お出かけの日でした。 久々に、マイミク・わかな様とのデートです。
ここ最近の私の様子を心配してくれて、「癒しスタジアム」に誘って下さったんです。

久々に会って、積もる話を聞いてもらいながらの移動の後、無事に会場に就き、会場まで待つ事数十分。
会場に入ると、様々なブースが所狭しと並んでて、同人即売会の占い版と言った感じでした。
女装した方とかもいらして、すごいなと思いました。 てか、魔女の女装は、いろんな意味でパンチがありました・・・。

いろんなブースを見て回り、一番最初に立ち寄ったのは、霊視をされているところでした。
聞けば、夕方には予約でいっぱいになるだろうとの事で、じゃあ空いてるしと思い、視てもらう事にしました。
視てもらって、良かったです。 父が、私の傍で見守ってくれてるそうです。
はじめ、「おじいさんらしき人が傍に見える」と言われて、母方の祖父の事かなと思ったんですが、その方とはあまり縁が深かったわけではなくて。
そう言えば、生前の父はその心労から、実年齢より10歳は老けて見える人だったので、特徴を言ったら当たってて。
”父さん、ちょっとは若づくりしとけばよかったね”と心の中で話しかけました。 骨皮筋衛門なのは、霊体になっても変わらないようです・・・。
ヒーラーの方曰く、私の眠りは浅く長いものらしく、疲れがなかなか取れづらいという事で、父はその事と、ここ最近の私の体調不良を心配しているとのことで。 聞いてて、涙が出ました。
これほど、私が甘え下手だとは思っていなかったらしく、その責任が父自身にある事に負い目を感じているそうです。
そのせいで私が限界以上にストレスをため込み、悪いものを呼んでいるらしく、それを吐き出す事が大事だと教えてもらいました。
まあ、母や恩師の先生や、父の知人の方から、父の私への愛情を教えてもらっていて、おそらく傍にいるだろうと思っていましたが、本当にいてくれている事が分かって、本当に嬉しかったです。
最後に、以前作ったパワーストーンの問題点を指摘していただき、お代を払ってお暇しました。 本当に、いい時間でした。

次に立ち寄ったのは、Osho禅タロットのブースでした。 タロットとは違う意味合いが興味深かったです。

指摘されたパワーストーンの事も気にしながら、ブースを見ていたら、一つのブレスレットに惹かれまして。
ローズクオーツとアメジスト、そして水晶で作られたそれは、愛情を導く効果があるものだそうで。
他にも見ようと一旦その場を去ったのですが、それ以上にピンと来るものがなくて、結局一回りして戻る事に。
自身の直感、そしてわかな様の後押しに力をもらい、ちょっと早い自身へのクリスマスプレゼントとして買いました。
着けてみましたが、とてもしっくりきているので、この子とはご縁があったのかなと思います。

次に立ち寄ったのは、生年月日診断と言うものでした。 素質論と言う、一つの学問から派生しているものらしく、占いと言うよりは自己分析といった感じでした。
これが本当に面白くて、楽しい時間になりました。 「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」を体現しているような学問だと思います。
ちゃんと学んだら、本当に面白いんだろうと思います。 これはきっと、会社の新入社員さんの研修にも使えると思います。
というか、ずっと下っ端だった身からすれば、こういったものを上層部が学んでいかしてくれたら、きっと仕事はしやすくなると思いました。

この、生年月日診断のブースは、更に3つのブースと連動してるそうで、パワーカラーとメイクのブースに立ち寄ってみました。
パワーカラーは、自分の好きな色から最終的に2種類を選んでいくのですが
、意外に明るい色を好む自分に驚きました。
気持ち的に沈む事が多いから、気持ちを明るくしたいと、思ってるんでしょうね・・・。

色を選んでもらった後、メイクの方へと行ったのですが、少々混んでいたので、時間的にもお昼過ぎだったので、そのままご飯に向かう事に。
やっぱり、誰かと食べるご飯はおいしいですね。 一人の時よりちょっと旺盛になった食欲で、揚げ物を堪能しました。

ご飯を終えて戻ってみたら、メイクのブースが開いていたので、早々にお願いしました。
私の顔のつくりは、”清”という部類に分類されるそうで、そういった顔立ちはあまりポイントを作らない方がいいそうで。
目の下・鼻の周辺・口元だけに薄くファンデをのばすように、チークも頬全体に薄くのばすように、口紅もベージュを基本にグロスで遊びくらいがいいみたいで。
やってもらって、本当に私らしいメイクで、次から是非とも実践したいと思いました。

最後にルーンリーディングのブースに立ち寄って、全体運を見てもらいました。 
ルーンは初めてでしたけど、奥深いですね。 西洋手相も気になりましたけど、今回は見送りました。 
次回は来年2月に開催されるらしいので、お休みもらって参加したいです!

帰りは京阪を使って帰る事になりましたが、そこで、ひらぱーのポスターが見れて、思わず笑っちゃいました。 毎回、アイデアが楽しいです。
どこまで行くんだ、ブラマヨは・・・。 吉田さん、女装するなら、せめて金髪にしてほしかったかな・・・。 でも、面白かったです。

当初、半日予定だったところを、一日付き合ってくれたわかな様、本当にありがとうです!

明日が家でゆっくりします。 ようやく、新しい話の書き出しを決められたので、ちょっとずつ進めていけたらと思います。
: 夢のひと時 : 23:32 : - :
まだ この先が見えない 一番星を探す手が震えても
 
いいお天気だと、洗濯物を干した甲斐があるというもので。 でも、やはり日の入りが早い事に季節を感じます。

今日は、お出かけしました。 薄桜鬼創作で、お世話になってるサイトの管理人様と会ってきたんです。
10時前、こちらに着かれたという管理人様と、遅刻状態で初対面。 お子様連れの、落ち着いた感じの方でした。
お子様連れと言う事で、どんなお土産がいいか、マイミク・わかなさまに相談して、決めてはいたのですが、買えてなくて・・・。
初めてお会いして、用事がありますからと伊勢丹地下に買いに行って、その後ご案内した空中経路で何とかお土産を渡しました。

幕末人物伝的なパネルが飾ってある空中経路を通って、下に降りたら、偶然結婚式に遭遇して、花嫁さんのキレイさにうっとりしながら、お土産屋さんへ。
管理人様がお好きだと言う八つ橋を買って、いったんお茶をしに喫茶店へ向かいました。

薄桜鬼について、いろいろと教えていただきながら、創作への思いやいろんな事を話して、そして聞いてもらいました。
驚いたのが、実は管理人様、私より年下だったんです。 でも、本当に落ち着いた雰囲気の方で、結局ずっと敬語で話してました。

一緒だった娘さんも小さくて可愛くて、お二人の様子を見ては癒されながら、勉強にもなった気がします。

もともと、今回、管理人様がこっちに来られた理由がご友人と薄桜鬼のイベント(主に物販)に参加するためだったので、その時間までご一緒してました。 
ご友人が先に、会場へ向かわれたという事で、その会場まで送っていく事に。 やっぱり、そういったイベントは、パワーがありますね。
新撰組の格好したスタッフさんが、抽選に当たった方を誘導する傍らで、物販コーナーであろう所にはポップが立てられてて、当然、写真の嵐でしたね・・・。
興味はありましたが、ここで資金を使ってしまったら、あとあと大変な事になるので、グッとこらえました・・・。
無事に、ご友人と合流された管理人様を見届けて、ここでお別れする事に。 本当にいい方で、楽しい時間となりました。

帰りにお昼ご飯を買いに近所のコンビニに寄ったら、職場の委託のお姉ちゃんたちに会って、ビビりました。 油断できないなぁ・・・。

お昼を食べて、ちょっとウツラウツラしながら、原稿に向かってました。 ちょっとは、進めたかな・・・。 BASARAは、明日はしたいですね。

そう言えば”龍馬伝”、いよいよ来週が最終回ですね。 見てはいないのですが、サイトだけはチェックしてるので、ちょっと気になります。

ぼちぼち、ブログの模様替えもしたいですね・・・。 次はどんなのがいいかな・・・。

明日一日、やりたい事をやって、ゆっくり休みたいと思います。
: 夢のひと時 : 21:53 : - :
迷うのも足掻くのも 自分が成長する糧だと信じて
 
久々ですね・・・。 
まあ、3ヶ月更新が当たり前になってきたようで、少々情けなくもありますが、
基本的に気が向かなきゃどんな事でもやらない、超気分屋人間ですからね・・・。



この3ヶ月も、相変わらずストレスとの戦いでしたね。

3月のイベントの後、父の分骨のために母が京都に来てくれまして、母娘水入らずでいろいろと楽しみました。
分骨が終わった後、奈良まで足を伸ばして、平城京跡を電車内から見て、東大寺の大仏さまを拝み、薬師寺で写経をしたりして。
母曰く、奈良の鹿の躾の良さ(売り物のせんべいには手を出さず、観光客が買ってから手を出してました)に感心したそうですが・・・。
滅多とない事だからとラーメンとかパスタとか、なかなか外食できない母と外食したり、目の前で和菓子を作ってもらえるお店でお茶をしたり、銭湯でのんびりしたり。
またこういう機会があるといいねと話した、3日間でした。

5月の終わりには、妹とポルノのライブに行って、もう力の限り、声を上げて応援してきました!
バンドメンたちの熱気に合わせて、浮かれ気分でロックンロールして、昭仁さんが考えられたのであろうギャル語(私的にはショコタン系かアキバ系だと思いましたが)での「邪険にしないで」に、妹と二人でキャイキャイ言ってました!
妹とも久しぶりで、お互いにお互いを気遣いながら、ゆっくり過ごせた2日間でしたね。
一年と少し勤めた会社を、妹は今月いっぱいで辞めるそうです。 姉の目から見ても、大変な仕事だと思ってましたし、
何より妹が決めた事を、反対する権利はないですからね。
自分の思うように生きれる妹と、愚痴を言いながらも現実を見て、長年同じ仕事にしがみついてる私とでは、決断力が違いますからね。
思い切り甘えてもらって、次に9月にこっちで会える事を楽しみに分かれた2日間でした。

辞めたいと思う事も多々あります。
先日も、急に先輩から不本意な仕事を任され、腹いせに先輩が数日かかっても終わらせなかったその仕事を、
早出の中、昼休み返上と居残り時間を使い、iPodの音量を3/4上げて聞きながら、その日の内に下書きを終え、休み明けに速攻で上に提出してやりました。
大体、その仕事を押し付けてきた日と言うのが、休み前だったんですよね。 2日前から一緒に仕事してたのに、何で急にその時言うかなと思いましたね。
委託の割と可愛い子からは、何かなめた態度を取られるし、イライラの吐きだし口が分らなくなります。
先輩方は基本的に、可愛い子の味方で、私は弱い者いじめしてる奴としか映ってないでしょうからね。
まあ、以前委託に散々煮え湯を飲まされている手前、好意的な見方は出来ないんですけど。
最近、四面楚歌的な気持から、職場ではほとんど口を開かなくなりましたね。
それがさらに自分の首を絞め、ストレスを貯める一因になってると思いますけど。

そんな気持ちが続いていくと、怖いのが、鬱になるんじゃないかというくらいの脱力感に襲われる事です。
妹の退社の事も影響してか、最近、本当に仕事に対して無気力です。 やる気も覚える気も明らかに低下してます。
イベントの時でさえ、当日にならないとテンションが上がらない自分を感じた時は、本当に怖くなりました。
もういい加減、辞めてもいいのかもとよぎる事もありますが、辞めても先が見えてないし、何より遊べなくなるのは嫌ですし。
今、仕事をする理由は、生活と遊びのためですね。 会社のために仕事してる意識は低いです。
現状維持がモットーなので、向上する気が本当に薄いし。 もう、流れのままに仕事をしていくしかない気さえしてます。



そんな時に参加したイベントが、先日の日曜に大阪で開かれた望さんのトーク&サイン会、そしてファンイベントでした。

当日、6時起きの7時予約で美容院に! 人生初、髪を軽く巻いていただきました!
その後、3月のイベントでお知り合いになった高槻のお姉さまと会場に向かう事に。
途中、新大阪でネットでお世話になってるお姉さまと待ち合わせて初対面。
電車の中で望さんトークで盛り上がり、「メール見ても思ったけど、人懐っこいわね」と評していただき、恐縮しきりでした。
まあ、私は人により態度を変えるカメレオン人間ですからね・・・。 同じお仲間であるお姉さまの前だったら、そりゃあ人懐こくなりますって。
会場に着くころには空はすっかり曇り空で、「望さんは梅雨とともに来られましたね」なんて言いながら、会場に到着。
新大阪で合流したお姉さまは、会場でご友人方と合流されたので、私は高槻のお姉さまとそのままご一緒する事に。
すでに並び始めてた列に加わり、その間にも3月のイベントで知り合った方に挨拶したりしながら待つこと数分。
開店と同時に、サイン会の参加券交換が始まりました。 3000円以上の買い物でもらえるいうものでしたが、
前回のライブグッズが殆どで、すでに手に入れたものが殆どだったんです。 
FCの20周年の記念品もありましたが、ファンブック以外は単品では3000円以上にはなりにくく、ファンブックだけが交換できる商品の対象外だったんです。
ちょっとおかしくないかと思った私は、店員さんに問い詰めたら、剣幕がすごかったんでしょうね、対象にしていただけました。
無事にファンブックも買い、サイン券も交換できて、トークショーの時間までお昼を取る事に。
日本橋と言うお土地柄、面白そうなお店がたくさんあり、大正ロマンチックなお店でお昼を食べました。
そうこうしている間に時間になり、会場に向かうとそこにはタヌキ様のお姿が!
3ヶ月ぶりの再会を祝しながら列に並んで、番号順に店内へ。 お姉さまとドキドキしながら、望さんの登場を待ってました!

いよいよ時間になり、MCの方がまず登場されて、注意事項を少々言われた後、望さんが登場されて、もう、会場は拍手の嵐でした!
後で聞いたところによると、参加希望人数が多すぎて、参加券が足りなかったそうです。 望さんの人気の高さを改めて感じました。
作品の事やお仕事の事、滅多に聞けない中の声に、ただただ耳を傾けてましたね。
アニメの吹き替えと特撮の吹き替えの違いとか、なかなか伺う事の出来ないお話は、本当に勉強になりましたね。
あっという間に時間は過ぎて、最後に「声優になるにはどうしたらいいか」という話題になりましたが、
望さんの答えは、声優に限らず、仕事をするすべての人に通じる解答だったと思います。
その後、質問コーナーになり、何も考えないまま手を上げたら、一番に指名していただけて、
自分が抱えてた迷いと言うか足掻きを、思い切って望さんに聞いてみました。
ミーハーな質問だったと思いますけど、望さんは丁寧に答えて下さって、その答えを、私は目から鱗が落ちる思いで聞いてました。
ちょうどその時、ライトの関係で私の顔は望さんからは見えてなかったらしいのですが、
私の声がする方を見て、ちゃんと答えて下さった事が、本当に嬉しかったです。
その後、二人の方が質問されてましたけど、あまりにそれらしい質問に、自分の質問の未熟さを痛感しましたね・・・。

質問が終わり、休憩時間を経て、サイン会が始まりましたけど、そのお姿も素敵でした。
今回のイベントでは、カジュアルな服装でこられてたので、3月のイベントよりも構えないで、触れあえたような気がします。
自分の名前と幽助の字とサインをしてもらい、握手をしていただき、幸せいっぱいでトーク&サイン会は終わりました。
ファンの方には男性の方も多くて、望さんの魅力の大きさを、肌で感じましたね。

サイン会の後、ファンイベントまで時間があったので、高槻のお姉さまとタヌキ様と一緒に、近くのカフェでお茶をする事に。
いろいろとお話をしていると、それぞれに悩みがあるんだなと思いました。
ファンブックも実は、3月のイベントで予約していたのですが、生写真目当てに買った感もありましたけど、
時間までカフェで、ゆっくり望さんワールドをそれぞれに堪能してましたね。

時間になり、カフェ会場に移動することに。 この時でしょうね。 無茶をさせていたカバンのジッパーが壊れてしまいました・・・。

実はこのイベントの後、夜行で実家に帰る事にしていたので、大荷物での移動だったです。
服装も、当初は田舎に合わせて大人しめの物を考えていたのですが、会場を下見した時に、これじゃないと確信して、ちょっと派手目の服に変えたりしてました・・・。

当然の事ながら、カフェの会場にはすでにファンの方が集まってました・・・。
考える事は、みんな一緒だなとしみじみ思いながら、私とタヌキ様と高槻のお姉さまも並ぶ事に。
周囲のお店の方が、何事かと数回様子を見に来てらっしゃいましたけどね。(すみません・・・。)
時間になり、番号順に入店して、自由に席を選べたそうで、タヌキ様と高槻のお姉さまと一緒に座るべく、椅子を一つ譲っていただき、何とか合流できる事に!

お店の入り口近くのテーブルには、お祝いのケーキが用意されていて、スタッフの方の許可をいただき、写真を撮らせていただきました!
飲み物を注文して、同じ席の方と話をしていたら、主役の望さんが到着されて、一番入口近くのテーブルから、すぐにお話を始められてました。

注文したお茶が届いても、なかなか手をつけられず、仲良くなったお二人と話していると、いよいよ望さんが私たちのテーブルに!

「こんにちわー」と、挨拶しながら来られた望さんなんですが、実は私が座った位置は、望さんとは真正面の位置だったんですが望さんから一番遠くて・・・。
「とおいー!とおい−!」と嘆いていたら、何と望さんが「聞こえてますかー?」と口に手を添えて、聞こえるように言って下さったんです!!
嬉しさのあまり、望さんと同じように口のそばに手を当てて、「聞こえてますー!」とお返ししました。

「先程のサイン会に来られてた方ってどれくらいいますか?」という望さんの質問に、私がいたテーブルには7人いたんですが、7人中6人が手を上げてたんです。
「先程は、不躾な質問に答えていただき、ありがとうございました。」とお礼を言うと、「あなたでしたか。 いい質問でしたね。」と、意外なお言葉をいただいて!
サイン会に参加されてなかった方がおられたので、その質問と答の説明をもう一度されて、質問の内容も「こういう事でしたよね?」と確認して下さったです!
さらに、質問の内容から思われたんでしょうね。 「お芝居されてるんですか?」と望さんから質問されちゃって!
「いえ、全く違うジャンルの仕事をしてるんですが、ちょっと迷っている事がありまして・・・。望さんのご意見を聞けて良かったです!」
と答えさせていただきました。 望さんは、笑って答えて下さったような気がします。

偶然にも、同じテーブルで仲良くなった方が、サイン会の際、2番目に質問された方で。
その方も望さんにお声をかけてらっしゃいましたけど、ちゃんと一人一人のファンの顔を見て、答えてらっしゃる望さんは本当にプロの顔をされてました。
指定の時間が終わり、望さんは次のテーブルへ向かわれ、再びファンの交流の時間に。
やがて、全てのテーブルに望さんが回られ、これで終わりなのかなと思っていたら、時間がありそうだからともう一周して下さる事に!
1回目よりも短い時間でしたが、もう一度望さんとお話できて嬉しかったです!
好奇心から「方言は話されないのか」をお聞きしたら、東京での生活が長く、完璧な方言はもう話せないとの事でした。
それらしい言葉遣いは、地元の人と話せば出来るそうですが。 
ポルノがライブでよく方言で話してらっしゃるので、ちょっと聞いてみたかったんです。
そんな会話から、望さんが出身地を聞いて下さって! 何と言うか、話の進め方がお上手というか、心配りが本当に細やかでした。

あっという間に時間が過ぎて、お祝いのケーキが配られ、望さんもケーキを食され、やがてお開きの時間に。
望さんが一足先に退出される形を取られたのですが、一人一人にお土産のお菓子が入った会場のお店特製のバックとともに渡され、望さんはお店を後にされました。

残った面々はそれぞれに行動してました。
私は仲良くなったお姉さま二人にアドレス交換していただき、ちょっとゆっくりした後、みんなでお店を出る事に。
タヌキ様をタクシーに乗せてホテルに帰した後、お姉さまズと梅田までご一緒させていただき、私は梅田でお分かれしました。

その後夕食をとった後、夜行バスに乗り込み、一路地元へ向かったのですが、乗車後10分足らずで眠りに落ちましたね。
目が覚めたのは、地元まで1時間の地点で、よく休めたようです・・・。

実家では、もう抜け殻のようになってました。
母や恩師に悩みや足掻きを聞いてもらいながら、望さんにいただいた言葉を思い返してました。
自分なりの答えは、出せたのかはわかりませんが、とりあえず、次のイベントやライブに向けて、仕事を適当にこなしていこうと思います。

望さんのようには、なかなかなれないと思いますが、せめて目標として、目指していけたらと思います。

今回、縁を結ぶ事が出来たお姉さまたちとも、1日ご一緒して下さった高槻のお姉さまやタヌキ様とも、いつかまた、イベントでご一緒できたらと思います。
: 夢のひと時 : 23:31 : - :
ようやく書ける、積もる気持ち 感動編

 事の起こりは、去年の12月でした。
その手紙、というか、申し込み通知が届きました。

「うさぎの晩餐会」への案内状です。

望さんのファンになって2年目にして訪れた、初めてのライブ以外のイベント。
「絶対参加したい!」と思ってお値段を見たら、何と、約諭吉さん4枚分じゃないですか!
参加したい気持ちは山々でしたが、その前のポルノのライブやら、幽白のブルーレイの事やらで、正直金欠気味だった私は迷ってました。

で、交友のあった同じ望さんファンに相談したのですが、彼女は参加を決定。
彼女の選択を知り、背中を押されるように、私もようやく決心がつき、一緒に参加を決めました。

 

年が明け、入金した後から、新たな戦いが始まりました。

初めてのイベントは、どうやらパーティーっぽい。
しかも、場所は都内一流ホテル。

TPOを考えないと、まずい事に気づいたんです。

私が持ってる服は、多国籍と言いますか、はっきり言うとTPOを全く無視したものが多いので・・・。
しかもそういった席では、ヒールを履くのが一般的だと聞きまして、そっちの問題にも頭を悩ませる事に・・・。

こういった時だけフルパワーに働いてくれる脳を生かして、結局「披露宴に行く格好」で、参加することを決めました。

決めたはいいが、問題は解決してません。 そういった服とか靴とかアクセサリーを、全く持ってなかったんです。
最後にお祝い事に参加したのは、確か中学の時でしたし(ハトコの披露宴に制服でお呼ばれしたのが最後)、
なぜか不幸事には事欠かなかったので(去年だけで、母方の祖父と実父が他界)、そういったものを用意する事がなかったんです。

でも、考え方を変えれば、そういったものをそろえるいい機会でもあるわけで、高いイベント代も自己投資と割り切り、準備を始めました。
ストレスの発散とはいえ、散財を繰り返す私に、妹はあきれ、母は眉間にしわを寄せていましたが、何を言っても無駄だと知ってるので、最後には黙認してくれてましたね。

ネット上の情報や、前回参加された方の御意見も参考にさせていただきながら、私なりにいろいろと考えました。

 

そうと決まれば、あとは簡単でした。 
分からない事を知ってる人にとにかく聞いて、教えを請い、助言を受けながら、自分を鍛えていきました。

服は、持っていたものの中から、そういった場所で来てもおかしくないものがあったので、それを使う事に。
でも、肩が大きく開いているものなので、露出を抑えるケープを探し、移動中に必要な上着を選ぶ事に。
上着は幸い、持っていたものが使えたのですが、なかなか合うケープがなく、どうしたものかと悩みながら、
金欠を理由に久しく訪れていなかった例の服屋さんに行ってみたら、ドンピシャのケープを見つけ、速攻で購入。

ただやはり、アレンジと言うか組み合わせは素人では難しいと思い、懇意にしている美容院に服候補を持ち込んで、専門家の意見を聞きました。
ようやく決まったコーディネートを、参考資料のため、ケータイに写メして、ついでだからと当日の髪形も相談。

これで服の心配はなくなりました。

 

次は靴です。 
いかんせん、トラウマで10年近く、ヒールを避けてきた私の事、どんなのを選び、どこで買えばいいのか、全く分からなかったんです。
悩んだ挙句、先輩と結婚していた、交友のあった元委託の女の子を頼る事に。
旦那さまである先輩の許可をいただき、時間を作ってもらい、その日一日、いろいろと振り回させてもらいました。
実はこのちょっと前に、流産されたばかりと聞いていたので、無理だけはしないように心がけましたけどね。
一応、そういった事情もあったので、旦那様の許可が必要でしたし。 奥様自身は明るく振る舞ってくれましたけどね。
聞けば、閉じこもっている方が良くなかったらしく、気晴らしになるならと、夫婦そろって了解して下さったようです。

まず手始めに、靴を探しに行く事に。
奥様お勧めのお店がデパートに入ってて、そこで見てもらう事に。 この時、写メしていた服の資料が役に立ち、それをもとに靴を選びました。
その後、セール品のバックを2点買い、お勧めのアクセサリー店へ。
でも実はそのお店、私が以前言った事があるお店だったんです! いやぁ、この子とは趣味が合うなぁと実感。

実はこのお店で、私は事前にネックレスを買ってたのですが、そのネックレスがあまりに可愛くて、この子に会うブレスレットとイヤリングがなかなか見つからなくて、困ってたんです。
一緒にいろいろと見て、しかもその時の店員さんが私がその子を見つけた時に対応して下さった店員さんだったので、ダメもとでオーダーをお願いしてみたんです。
聞いてみると、私が買ったネックレスはとある作家さんの作品だそうで、お店を通じてお願いする事が出来るとの事。
作家さん自身もお店を開かれたそうなのですが、私としてはお世話になったお店にお金を落としたかったので、お店を通じてお願いすることに。
イメージと予算を伝えて、ネックレスを預けて、そのお店を後に。

次に向かったのは、お昼を食べに行く途中で見つけた蜂蜜専門店へ。
私はもともと蜂蜜が苦手だったのですが、話してみると、昔食べた蜂蜜には添加物は多かったらしく、初めて、純粋な蜂蜜を試食させてもらったのですが、本当に美味しくて。

前に別のお店で望さんへのプレゼントとして、金平糖(季節限定商品で、偶然一つだけ残っていたものを運良く購入できてた)を準備していたので、ここの蜂蜜も加える事にしました。

その後、お昼を食べて、奥様推薦の鞄屋さんとブレザーブドフラワーのお店に。
鞄屋さんでいい鞄を一つ買って、そのお隣のブレザーブドフラワーのお店に行きましたけど、ここでまた新しい世界を知る事が出来ました。
奥様自身が嗜まれてる事もあり、ここでコサージュを作ってもらう事に。
ネックレスが白と薄い水色・薄いピンクの配色で作られてたので、それと喧嘩しないようにと言う事で、白と薄紫の色でコサージュを作ってもらいました。

余談ですが、後日このお店で、望さんへのプレゼントとして、虹色のバラを作ってもらいました。
いろいろと凝ったので、店長さんには随分と我儘を言いましたが、快く対応して下さいました。

当日つける香水を新しくして、服に会うパンストまで選んでいただき、その後お茶の後、今日の買い物会はお開きに。

お付き合いして下さった奥様、そして、許可して下さった先輩、本当にありがとうございました!

 

 

準備をゆっくりながらも着々を整えながら、とうとうその日を迎えました!

出発する前日に、その前日から前のりしてくれた友人を一緒に最終的な準備や打ち合わせのため、いろいろと動きました。

疲れた顔でお会いしたくなかったので、行きつけのアロママッサージ屋さんで、せっかくだからとローズオイルで全身ケアをしていただきました!
ラッピング用品をそろえて、帰宅後はひたすら、最終的な準備を追われておりました。
望さんへのプレゼントはもちろん、実はその前にネットでお知り合いになってた同じくイベントに参加される方へのプレゼント作成もありで・・・。 
起きる時間を考慮しながら寝る時間を考え、バタバタしながら就寝しました・・・。

 

 

いよいよ当日。 3月6日。
髪のセットとメイクはすべてこっちでしていく事にしていたので、4時起きです。
簡単に朝ごはんを済ませたのですが、案の定バタバタしながら家を出た段階で、すでに15分の遅刻。
しかも、こんな日に限って、天候は雨! 一ヶ月かけて慣らした靴も、買ってた鞄も革製なので、雨は大敵。
しかも気温は肌寒く、どうしても防寒着が手放せない状況に、途方にくれました。
靴は濡れてもだ異常なような靴に変え、鞄はかばいながら、美容院へダッシュ。 着いてからは平謝りでした・・・。

そんな私たちに嫌な顔一つ見せず、美容院のスタッフさんたちの手で、キレイにしていただきました!
張りぼてだろうがメッキだろうが、望さんの前では、一番きれいな自分でいたいんですもの!
なるべく崩れない髪形をお願いしていたので、編み込みでまとめていただき、一部、髪を出す形をとりました。
メイクも、滅多にしないマスカラ・つけまつ毛に、多少四苦八苦しましたけど、日頃の私とは別人な私が出来上がりました!
コサージュも本当ならつけるはずだったのですが、ブレザーブドフラワーもまた、雨は厳禁なので、現地でつける事に。
余裕が持てるようにと、時間配分をしてもらっていたので、美容院での準備が終わり次第、ゆっくりと駅に向かう事が出来ました。

上京したら、移動に次ぐ移動で、お昼をゆっくり取れないだろうと、新幹線の中で済ますためにサンドイッチと飲み物を買って乗車。
新幹線の中では、ただひたすら寝てました・・・。 まあ、夜更かしした後の早起きですからね・・・。
髪が崩れないように、前のめりで寝ること一時間。 起きたらちょうどいい時間だったので、そのままお昼を食べました。

上京後はまた、移動に次ぐ移動でした。 宿泊先の池袋に向かい、チェックインだけ済ませ、今度はイベント会場へ向かう準備に追われる事に。
しかもイベント会場に向かう前に、ネットでお知り合いになってた方と会うことにもなっていたので、もう、必死でしたね。
バタバタしながら準備を整え、いざ待ち合わせ場所の新宿へ。
初めてお会いした方は、今どきの可愛らしい方たちで、9歳上の私はちょっと気後れしちゃいましたね。

この時会った方こそ、マイミクのお一人、タヌキ様です。

会った早々、時間がないからと、準備していたやたら重たいお土産を強引に渡し、急いでイベント会場へ向かう事に。
(ちなみにタヌキ様は、可愛らしいハンドタオルをくださいましたv)

相変わらず、訳の分かんない路線に迷いながら、分かんない事は駅員さんに聞き、何とか無事にイベント会場のホテルに到着。
東京タワー近くのホテルのロビーには、同じく望さんファンの方々が集合してらっしゃいました。

フィッティングルームで最終的な身支度を整え(靴を履き換えたり、コサージュをつけたり、化粧具合を確かめたり)、クロークに荷物を預け、これまた大急ぎで集合場所へとダッシュ。
ちょうど、ツーショット写真の集合がかかり始めたばかりで、ギリギリセーフでした・・・。
10人(だったかな?)人単位で、エレベーターに乗って、我らが王子、望さんの元へ!(結構上でした。)
もう、会える喜びで胸は高鳴り、息苦しくなってました。
スタッフさんに誘導されて通されたお部屋には、仕切りがあって、テーブルの上には、若かりし頃の望さんの映像が流れるパソがありました。
メイクは大丈夫か、何度も友人に確認していたら、仕切りが開いて、その奥にはソファに座られた望さんのお姿が!

ライブとかでも見てたけど、やっぱりカッコ良かったです!!!

スタッフさんから簡単な説明・注意事項を受け、一人ずつ名前をスタッフさんに呼ばれ出し、いよいよツーショット撮影が始まりました!

もう私はただひたすら緊張しながら、名前が呼ばれるのを待ってました。 まあ、そこにいた全ての方がそうでしたけど。
で。 いよいよ私の番!
名前を呼ばれ、返事をし、ドキドキしながら、望さんの元へと歩いて行きました。

≪注意:会話は確かこんな感じだったという、記憶で書いてます。≫

 望さん:「こんにちわ。」
 わたし:「こんにちわ。 (ソファに座るために挨拶)失礼します。」

緊張して、何から話しかけていいかわからなかった私に、優しく先にお声掛けしてくださいました。
挨拶は一応、望さんの方を見て出来たと思うのですが、あの笑顔で見つめられ、緊張と嬉しさのあまり、絶対に目が泳いでたと思います!

 わたし:「ファンクラブ20周年、おめでとうございます。 心ばかりのものですが、受け取ってください。」
 望さん:「ありがとうございます。 いただきます。」

緊張状態だったせいもあり、座ってからプレゼントを渡しました。
雨除けのために大きな袋に入れてた事もあり、ちょっと大荷物状態でしたし・・・。
事前にスタッフさんから、プレゼントはツーショット前に渡すように言われてました。
(ツーショットの後だと、スタッフが受け取る形になってしまうためだそうです。)

大きな荷物でしたが、望さんは快く受け取って下さり(私にはそう見えた!)ホッとしました。

で。 すぐにツーショット撮影になったのですが。

 望さん:「もうちょっと近くに来てもいいですよ。」
 わたし:「!!! は、はい! 失礼します!」

嬉しさと緊張で、望さんに遠慮するような形で座っていた私に、望さんがそう言って下さったんです! マジで嬉しかったです!!

望さんと膝がつく一歩手前まで寄らせていただき、無事にツーショット撮影終了。

 望さん:「では、のちほど。」
 わたし:「ありがとうございました!」

最後にも微笑まれて、握手までして下さったのですが、私は嬉しいやら恥ずかしいやらで、ひたすら頭を下げてました・・・。
温かく、柔らかい手をされてました・・・。

その後、新しい10人さんも来られましたが(タヌキ様はこの時来られました)、誰一人、その場から去る人はおらず、望さんが退場されるまで、みんなで望さんを見守っていました。

 

晩餐会まで2時間程度、時間に余裕があったので、ホテルの喫茶店でタヌキ様と、お互いの友人と4人で望さんトーク。
やっぱり、共通の話題があると、全然違いますね! めちゃめちゃ楽しかったです!
でも、殆ど私のマシンガントークだったので、周りの方はちょっと迷惑だったかな・・・。 すみません・・・。

 

やがて、晩餐会が始まる時間となり、タヌキ様と分かれて友人と一緒に受付へ。
100人近くの人が集まった様子は、圧巻でしたね! しかもみなさん、ドレスアップしてるし!
ドレスの方もいれば、お着物の方もいて、目の保養になりました! 自分にとって過ごしやすい場所は、学ぶ事も多いです。
入口には、事務所の社長さんをはじめ、有名な声優さん方からの花束が! すごかった!

会場が開き、どうしたらと様子を伺っていたら、望さんが来られて、集合写真を撮る事に!
天気が良ければ、東京タワーをバックに撮るはずだったのですが、天候不良で室内に変更になった様です。
20人1セット×3回で、真中に望さんを入れての記念撮影は、あっという間に終わり、望さんも一時退場されました。

指定されたテーブルで飲み物とかを確保しながら待機していると、望さん登場!
さっそうと歩いて壇上に登られ、開始の挨拶をされて、晩餐会が始まりました!
この時、望さんが手にしていた飲み物がワインじゃなかったので、望さんが係の方に言って、ワインと変えてらっしゃいました。

ビュッフェ形式だったので、好きなものを適当にとって食べてましたけど、なんかね、すぐに食べれなくなるんですよ。
望さんが近くにいるという喜び・嬉しさで胸がいっぱいになっちゃって! 胸がいっぱいになりすぎて、食事が喉を通らんのです!

後日、先輩に聞かれるままこの事を話したら、「もったいない」とか「もっと食べれば良かったのに」とか言われましたけど、
私にしてみれば、望さんを見逃して、声やお話を聞けない事の方が嫌でしたからね。

そうこうしてると、望さんが私がいたテーブルに回ってきて下さり、一人一人と乾杯して下さいました!
短い会話をされる方を羨ましく思いながら、あっという間に望さんは次のテーブルへ移られましたけど、すごくすごく貴重な時間でした!

そうこうするうちに、同じテーブルの方ともお話しし始め、歓談していたら、望さんが壇上に。
そして、子の晩餐会に駆けつけてこられたお友達を紹介されたのですが、何とそのお友達とは、檜山さんと結城さんだったんです!

こちらも私にとっては、なんというか、慣れ親しんだお声の持ち主だったので、嬉しかったですね!
「本物の声優さんですよ!」と茶目っ気たっぷりに紹介される望さんが可愛かったです!
なぜか檜山さんは、望さんのこういったイベントには、毎回参加されてるようで、
望さん曰く「呪っているので、(檜山さんの)予定が空くんですよ。」と、笑顔で話されてました。

3人での砕けたトークの後、望さんがお色直しのため一時退場され、私も私で近くにいたお姉さま二人とお話を再開。
いろんな方がいるんだなぁとしみじみ思っていたら、ネクタイを変えられた望さんが再登場!
壇上に用意された椅子に腰かけられて、テーブルに持ってこられたアンケートを置いて、その紹介が始まりました。
「みなさん、食べたり飲んだりしてていいですよ。」と、望さんが気を遣ってか言われましたけど、私はもう、食事どころじゃなかったです!
(飲み物は口にできてましたけどね)
時間の都合上、全てを紹介することは出来ませんでしたが、それでも紹介する一つ一つに、きちんと答えられる望さんに感動してました。

するとそこへ、もう一人、お祝いに駆け付けたお友達が登場されたのですが。

何とその方こそ、林原めぐみさんだったんです!!

当然ながら、私は初めてめぐさんを生で見たのですが、なんというか、オーラがすごかったですね!
望さんが優しく包んでくれる風ならば、めぐみさんは背中をそっと力強く押してくれる風だと思いました。
小柄な方でしたけど、本当にドラグスレイブとか撃てるんじゃないかと思うほど、大きな何かを持っているように見えました。

めぐさんとの歓談が終わると、望さんも、駆けつけた友人方を歓談を楽しまれてました。
そうこうするうちに何と、もう一度、私がいるテーブルに来て下さったんです!

実は私、一つの願いをもってまして。
うさぎの晩餐会は3月6日に開催されたのですが、その約一週間後が私の誕生日でして。
「望さんにお祝いしてもらえたらなぁ・・・。」なんて事を考えておったんです!
そんな時に訪れたチャンスに、私はありったけの勇気を振り絞りました!

 わたし:「あ、あの! 望さんにお願いしたい事があるんですが・・・。」
 望さん:(飲んでおられたワインを持って)「なんですか?」
 わたし:「あの、わたし、一週間後が誕生日でして・・・」
 望さん:「へえ! おめでとうございます。(そう言われて、乾杯して下さいました。)」
 わたし:「あ、ありがとうございます!!(嬉しすぎて、深々と一礼しちゃいました)」
 望さん:「一週間後って、いつなんですか?」
 わたし:「ホワイトデーなんです。」
 望さん:「それは素敵な事ですね。(そう言って、握手をして下さいました)」

すると、同じ席に偶然私と同じ誕生日の方がおられて、その方も、望さんにお祝いしてもらってました。
嬉しくて、その方に「仲間がいたー!」と抱きつきにいっちゃって、もう、完全にに暴走してましたね・・・。
望さんはそんな私を、きっと苦笑しながらご覧になってたと思います・・・。
 
 わたし:「本当は迷ってたんですけど、努力して、ここに来れてよかったです!」
 望さん:「(微笑まれながら)努力されたんですか?」
 わたし:「はい! 努力しないと休みがもらえないので! 本当にありがとうございました!!」

軽い会釈を残して、望さんは別のテーブルに移られましたけど、私はもう、嬉しさで崩れましたね。

ホワイトデーと言う日に対して、あまりいい思い出がなかった私ですが、その日を望さんは「素敵な日」と言って下さったんです。
きっと望さんにとって、ファン一人一人の誕生日が「素敵な日」なんだろうと思いました。

周りの方からも「良かったね」とお声掛けしていただいてたら、望さんが壇上に。 ビンゴ大会の始まりです!
次々とビンゴコールが叫ばれる中、運良く私にもリーチが! 何とビンゴになり、景品としてお写真をいただき、握手してもらいました!
その後もビンゴは続き、タヌキ様は何と、望さんが身に着けておられたブレスレットをもらって大喜びされてました!
私のところにもわざわざ見せに来て下さったので、写真を撮らせていただき、お祝いしました!
その後もビンゴが続き、景品が足りなくなると、自分が持ってるものを探されてましたが、そんなお姿も可愛かったです。
「身包み剥がされる」と言いながら、景品がなかった人には握手をされてました。

楽しいビンゴ大会が終わった後、トークがあり、いよいよ会はお開きへ・・・。 楽しい時間は、本当にあっと言う間ですね・・・。
「一人ファンクラブにならないように、これからもがんばります」と締めくくられて、
檜山さん、結城さんをエスコートしながら(?)、壇上に再び上がられためぐみさんたちを拍手で見送り、望さんが最後の挨拶をされて。
「今までやった事ないのですが・・・。」と前置きした後、ファン一人一人とハイタッチして会場を去られる事に。
テーブルをどけて、一列に並んだファン一人一人と、望さんは笑顔でハイタッチされてました。
私の番になり、私は「ありがとうございます!」と言って、望さんとハイタッチしました。
最後の一人が終わり、笑顔で思い切り手を振って下さって、晩餐会は終わりました。

本当にあっという間の一日でした・・・。

晩餐会でお知り合いになれた方たちとアドレス交換してたら、退場のお願いをされて、大急ぎで会場を出ると、
そこには集合写真とツーショット写真が現像されて、おいてあるじゃないですか!
ちょっとしたプレゼントと集合写真を一枚もらい、自分の分のツーショット写真をもらい、見てみたのですが、望さんは完璧なのですが、私はもう目は泳いでるは引きつってるわで散々でした・・・。
でも、憧れの望さんとツーショットできた事は、本当に嬉しかったです!

ビンゴでいただいた写真ですが、この時懇意になった、就活中のお姉さまにお譲りしました。
就活の支えになればと思いましたし、私は望さんにいっぱい握手してもらいましたから。
それに、お姉さまとの交流が続けば、また見る事が出来るので!

受付も閉まってしまう頃に、ファンクラブ20周年記念本の予約を入れて、大阪在住のお姉さま二人と東京在住の女の子とアドレス交換へ・・・。
当然ながら話は尽きず、そのまま5人でクロークへ向かい、身支度を整え、ホテルの玄関まで一緒に向かいました。
しばらく話しこんなあと、お姉さまのお一人はそのままホテルに向かわれたのですが、残った4人でせっかくだからと東京タワーへ向かう事に。

ホテルの外観を感慨深げに眺めながらひたすら歩いて、東京タワーに着いたのですが、間に合わず中には入れませんでした。
でも、写真をいっぱい撮って、そこからそれぞれの帰り先の中間地点と思われる新宿駅までタクシーで向かう事に。
車内はもう、オタクのトークでしたね。 濃ゆい話をしてるとあっという間に着いてしまい、名残惜しみながら別れました。

「こういう場で友人が増えるのは素敵な事ですね」と望さんもおっしゃってましたけど、本当にその通りになり、嬉しかったです。

せっかくだから次の日もお話したいですねと、再会を約束して、私は友人とホテルに向かいましたが、お風呂上がったら、もう、バタンキューでした・・・。
実はホテルに着いてから気付いたのですが、左目のつけまつ毛が取れてたようで・・・。 まあ、おかしくなかったらいいんですけどね!

いただいたプレゼントは、ミッフィーの写真入れ(望さんの写真3枚入り)とうさぎのチェーンアクセつきのトートバックでした。

この日のために、ヒールを履いて歩く姿が見苦しくないようにと、一ヶ月の間、通勤時や遠出の度に履き続け、履き潰してかかとを治してもらいながら練習したおかげで、
また、この日のために準備した加工されてなくとも本物の宝石で作られた、ちゃんとしたアクセサリーとコサージュのお陰で、
望さんの前で堂々と、胸を張って立つ事が出来て、本当に嬉しかったです!

 

次の日、お約束してた女の子が急用で来れなくなってしまったのですが、お姉さまの一人とは再会できて、池袋と銀座を歩きまわりました。
池袋で、マイミク・若菜さまお勧めのお菓子屋さんでお土産を買い、
そのままお姉さまの目的地の銀座に向かい、「銀座目覚マルシェ」というイベントに参加して、思い切り遊んだ後、帰路につきました。
遊び疲れていたらしく、帰りの新幹線の中でも爆睡してました・・・。

お姉さまと分かれて、友人を送り、イベントが終わってしまった事を感じましたね・・・。

 

 

今回の事で、私は初めて努力することの意味を知れた気がします。
私は過去の経験(トラウマ)から、努力しても無駄な事が多いと思っていましたが、今回初めて、努力する事は自分が後悔しないようにする事だと知る事が出来ました。
今回のイベントにしても、これから先、こういったイベントがあっても参加できるかは分からないわけで、
なら、この一回に賭けるしかないわけで、じゃあこのイベントが終わった時、絶対に後悔したくないと思った事が、全ての始まりでした。
いろんな世界を知る事で、また努力する事で見えてくるものもあり、ほんの少しだけでも、自分が成長できた気がして、嬉しかったです。

こういった機会を与えて下さった望さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

近くで見た望さんは、プロとしての自覚とプライドを持たれた、本当に“大人”と呼ぶに相応しい、気高いバラのようなお方でした。
お酒を飲む姿にしても、初めて“嗜む”という飲み方を見せてもらって気がします。
自分自身に、自分の世界に誇りと自信を持ってるから、ああいった振る舞いができるんじゃないかなと思いました。
自分の世界を持ちながら、他者とちゃんと関われるお姿には、自分がうまく出来ないだけに、尊敬の念を強く感じました。
仕事に対する姿勢や生き方を、何となくですが感じた思いがして、その姿は一つの目標になりました。
なかなかお会いできないお方ですし、今回の事で知れた事はほんの少しかもしれませんけど、私は私なりに、望さんを応援し、目標として目指していきたいですね。

次にお会いできるのは、ライブの時でしょうかね・・・。
来年は、望さんがデビューされて25周年なので、また何かしらのイベントがあってほしいのですが・・・。

その間には、ポルノのライブもありますから、いろいろと頑張らないといけません。

とりあえずは、何があってもいいように節約を心がけ、必要最低限の休みで何とか出来るようになりたいですね。
いざという時のために、先輩方へのごますりもしといたほうがいいですしね。
今回知り合えた方々とも、折に触れ、交流していけたらいいなと思ってます。
近い方はまだいいのですが、遠いとどうしても難しい面もありますしね。

次に望さんに会える時も、胸を張れる私でいられるように、これからも日々精進していきたいです!

: 夢のひと時 : 19:17 : comments(0) :